作品レシピ

アレンジ簡単!あずま袋の作り方 お弁当入れにもおすすめ

あずま袋(あづま袋)の基本の作り方をご紹介します。サイズのアレンジも簡単なので、お好みの大きさで仕立ててみてくださいね。お弁当入れにはもちろん、軽い上に折りたたんで持ち運べるのでエコバッグとしてもおすすめですよ。

あずま袋(あづま袋)とは?

あずま袋(あづま袋)の基本の作り方をご紹介します。サイズのアレンジも簡単なので、お好みの大きさで仕立ててみてくださいね。お弁当入れにはもちろん、軽い上に折りたたんで持ち運べるのでエコバッグとしてもおすすめですよ。

ivyさんの「Azuma Lunch bag S gray×white」より

あずま袋とは布を直線で縫うだけで完成する袋のこと。江戸時代に西洋のカバンを見た庶民が風呂敷や手拭いを使い、真似て作ったことが始まりだそう。「あずま」とは京都から見て江戸を指す「東(あずま)」からきており、東方を指す吾妻(あづま)と表記されることもあります。

お弁当入れにもおすすめ。あずま袋の作り方

minneでも活躍されている作家・ivyさんに、お弁当入れにもぴったりな「あずま袋」の作り方を教えていただきました。さらに、エコバッグにもおすすめの持ち手が長いタイプのあづま袋の作り方も特別に教えていただきましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ivy
自然や身近にある物事をモチーフとして服飾雑貨やアクセサリーなど、さまざまな素材を用いた小物雑貨を制作。
https://minne.com/@ivyplain

まずはじめに、初心者にもぴったりなシンプルなあずま袋の作り方をご紹介します。

あずま袋作りに必要な道具

仕上がりサイズは、お弁当袋として使いやすい、タテ32cm×ヨコ32cm、マチなしの1枚仕立てです。

【材料】
・お好きな布70.5cm×25.5cmを1枚(生地の裁断方向はタテ・ヨコのどちらでもOKです)
・ミシン糸…シャッペスパン60番(普通地用の糸)
※生地のカットサイズは周囲1.5cmの縫代を含んでいます。

【道具】
・定規
・チャコペン
・裁ちばさみ
・マスキングテープ
・ペーパーウェイト
・ミシン
・ミシン針…11号
・マグネット定規
・糸切りばさみ
・アイロン
・まち針
・目打ち
・アイロン定規(20×10cm程度の厚紙で代用できます)
・手縫い針

手順1、生地に印を付ける

ivy
はじめに、チャコペンで★の位置に印を付けます。

ivy
チャコペンで付けた★印のそれぞれの位置に、裁ちばさみで深さ3mmの切り込みを入れます。

ポイント

ivy
上の図を参考に、マスキングテープやシールなどで縫い合わせの位置に目印を付けておくと分かりやすいです。
切り替えの見え方を変更する場合は印の位置を隣に移動すればOKです。(次の手順のアイロンがけの位置も変更してください)

手順2、縫い代にアイロンをかける

ivy
次に、袋の持ち手になる生地端の部分(①②の部分)を三つ折りにしアイロンをかけていきます。(①→①→②→②の順にかけます)

ivy
上手に三つ折りにアイロンをかける手順としては、まず生地の裏側にアイロン定規を当て、でき上がり線(1.5cm幅)に折り目を付けます。
アイロン定規が無くても、工作用の方眼紙や厚紙に線を引いて代用できますよ。

ivy
折り目を一旦開き、生地の端を折り目よりすこし手前に合わせてアイロンをかけ、さらにたたんで上からアイロンをかけるときれいな三つ折りになります。

ivy
②の部分は、①の三つ折り部分を巻き込むように、アイロンをかけましょう。

ivy
このような状態になればOKです。

手順3、生地の両端に三つ折りステッチをかける

ivy
ステッチをかける前に、縫い代の下処理を行います。
三つ折りの角は縫い代が重なり厚みが出るので、事前に入れた切り込みの位置を目安に、裁ちばさみで斜めに切り落とします。

ポイント

こうすることで、生地にミシンの針が通りやすくなります。厚めの生地を使用する際は特におすすめです。

ivy
先ほど折り上げた短辺をまち針でとめて、折り目のきわ(1~2mm)にステッチをかけます。
※ほつれ防止のためにミシンの縫い始めと縫い終わりは必ず3~4目ほど返し縫いをします。

手順4、袋状に縫い合わせる

ivy
手順1で付けた目印同士(AとA、BとB)を中表に合わせて、まち針でとめます。

ivy
ミシンでAとA、BとBの縫い代を1.5cmで縫い合わせていきます。

AとAの縫い代を縫い合わせたところ。

ivy
縫い合わせた部分をよけるようにまち針でとめ、反対側のBとBも同様にまち針でとめて縫い合わせます。

手順5、縫い代にアイロンをかける

ivy
縫い合わせたものを広げるとこのようなかたちになります。アイロンを使ってさらにかたちを整えていきましょう。

ivy
縫い代を割ってアイロンをかけます。

ivy
使用する生地が厚い場合は、生地の厚みを減らすために縫い代をカットしてください。

ポイント

カットする場合は三角コーナーの先端から切り込みの位置の5mmほど手前にかけて、縫い代幅の半分を切り落とします。

ivy
2枚の縫い代をいったん手前に倒しアイロンをかけます。カットした縫い代を包むように、縫い目よりすこし手前に合わせて折り、さらにアイロンをかけます。

ivy
縫い代を三つ折りにたたんでアイロンで整えます。

手順6、仕上げのステッチをかける

ivy
縫い代をきれいにたたみ直し、まち針でとめます。袋を表に返して袋の内側から折り目のきわ(1~2mm)にステッチをかけます。

ivy
袋の底はミシンがかけづらいので、目打ちを使って縫えるところまで縫います。
※周囲の生地を巻き込まないように注意します。

オリジナルあずま袋が完成

ivy
反対側も同様にステッチをかけたら、あずま袋のでき上がりです。

アレンジ簡単。お気に入りの生地であずま袋を作ろう

紹介したベーシックなかたちのあずま袋は、タテヨコの比率をそのままにすればお好きなサイズで作ることが可能です。お気に入りの生地、サイズで挑戦してみてくださいね。

肩掛けも◎あずま袋の持ち手を長くする作り方

近年、折りたためるあずま袋はエコバッグとしても人気を集めています。そこでivyさんに、持ち手を長くしたあずま袋の作り方も教えていただきました。

はじめに

ivy
あずま袋には大きく分けて、手で持ちやすいタテ×ヨコが同寸のAタイプ、肩に掛けやすい縦長のBタイプがあります。

持ち手を長くする場合、必要な布が長方形のAタイプと異なり製図方法がすこし複雑です。
今回は仕上がりサイズがタテ75cm×ヨコ50cm、リバーシブル仕立てのあずま袋の作り方をご紹介します。

ivy
図をもとに周囲1cmの縫い代を付けて生地を2枚分カットします。(型紙なしで生地に直接印を付けてもOKです)

ivy
三角形の辺a・b・cの長さを決めることでどなたでもお好きなサイズで制作できます。初めて制作される方は基本の三角形のサイズを決めたら、パーツをトレースして貼り付けていくのもおすすめです。
※周囲1cmの縫い代を付け忘れないでください。

手順1、袋状に縫い合わせる

ivy
パーツを2枚裁断したら、生地のコーナー4ヶ所と縫い合わせの位置2ヶ所にチャコペンで印を付けておきます。

ivy
あずま袋作りの手順4をもとに、それぞれ縫い代1cmで縫い合わせます。
※このとき生地端より1cm手前(出来上がり線)で縫い止めます。

手順2、2枚をひとつに縫い合わせる

ivy
縫い代を下向きに倒してアイロンをかけ、中表になるように片方の袋の中にもう片方の袋を入れます。

ivy
2枚を合わせてまち針でとめ、袋の内側から袋口をぐるりと一周縫います。
※このとき生地の返し口を12cmほど縫い残しておきます。

ポイント

V字の部分のステッチで縫い代をまたぐときは、★印の位置で返し縫いをして縫い終えて、縫い代を避けた状態で続きを縫っていきましょう。

ivy
裏側から見た様子です。表側から縫う際、裏側の縫代も巻き込まないように注意します。

ivy
持ち手の先端部の縫い代は表に返したときに厚みが出やすいので、この段階でカットします。縫い代を出来上がり線に沿って折りたたみ、アイロンをかけます。

ivy
生地端の交点に、裁ちばさみで軽く切り込みを入れます。切り込みと出来上がり線のコーナー先端から3~4mmの位置をつなぐように切り落とします。

ivy
ちなみに1枚仕立ての場合も先端をカットして、折りたたみ方を変えることで綺麗に仕上がります。

ivy
生地端に三つ折りアイロンをかけて縫い代を一旦開きます。

ivy
先端をカットしたら、出来上がり線に合わせて内側に折ります。

ivy
パーツの短辺→長辺の順に三つ折りにたたみ直せば完了です。

手順3、返し口をまつる

ivy
縫い残しておいた返し口から生地を表に引き出して、返し口のまつり縫いをします。

持ち手の長いオリジナルあずま袋が完成

ivy
持ち手部分をキュッと結べば、持ち手の長いあずま袋のでき上がりです。

エコバッグ代わりにもなる「あずま袋」が人気

minneにはお弁当入れやエコバッグとしてなど、いろいろな用途で使えるあずま袋がたくさんそろっています。手作りで楽しむことはもちろん、さまざまなデザインのあずま袋をぜひチェックしてみてくださいね。

「あずま袋」を探す