特集

新作おしえてvol.49「dear nelsodosさんの新作、オーナメント・イヤーカフ」

作家さんにSNSで「新作」を募集し、編集部の目にとまった素敵な作品を、制作の背景と交えてご紹介していきます。今回ご紹介するのは、dear nelsodosさんの新作、「オーナメント・イヤーカフ」です。

作り手は、dear nelsodosさん

dear nelsodos
日常がすこしだけ楽しくなるような「スパイスの効いたアクセサリー」をコンセプトに制作。
https://minne.com/@moistures

dear nelsodosが生まれるまで

彫金アクセサリーを制作しているdear nelsodosさん。彫金との出会いは、お店に置いてあった「チラシ」なのだそう。

dear
nelsodos
すでに社会人として働いていた頃、ふと立ち寄ったお店で「彫金教室」のチラシを見つけ、おもしろそうだなと興味を持ったことがわたしと彫金との出会いです。仕事が忙しく教室には通えなかったのですが、基本の道具を購入し、独学で制作を開始しました。

dear
nelsodos
最初はまったくうまくいかず試行錯誤の日々でしたが、頭の中に思い描いたイメージを立体的に表現することができる彫金がただただ楽しく、気づけば彫金の世界にどっぷりとハマっていました。

dear
nelsodos
その後、本腰を入れて勉強したいと思うようになり、各国からユニークなアクセサリーが集まる会社に転職。修理担当として働き、技術と経験を積みました。

大海原を超えて移動するその美しい強さが表現された「シロナガスクジラ」のピアス。

dear
nelsodos
出産を機に仕事を離れて子育てに専念していましたが、おうち時間が増えた2020年。娘も2才になりすこしだけ自分時間が持てるようになったので、以前つくっていた作品をもぞもぞと引っ張りだしました。

dear
nelsodos
自分で制作した作品に、何気なく白い絵具を塗ってみたところ「これ、わたしはかわいいと思うけど、みんなはどうなのだろう?」という気持ちが湧き上がり、『dear nelsons』 が誕生しました。

スカーフ、バッグ、帽子の上で存在感を放つ、「鹿・ブローチ」。

dear
nelsodos
ただ、minneに作品を載せてみたものの、売れるなんて思いもしていなかったので、minne'sセレクトに「鹿・ブローチ」を紹介していただき、そして、最初の1個が売れたときは本当に嬉しかったです!

心地いいとリアルの境界線を

繊細さが魅力的なdear nelsodosさんの作品。制作においてのこだわりについてもうかがってみました。

小ぶりながらも、ライオンならではの強さが感じられる「ライオン・ブローチ」。

dear
nelsodos
金属は1mmでも強度が高く安心して使える素材ですが、逆をいうと「重くなる」可能性があります。特に動物シリーズは、細かなところまで表現するとどうしても大きくなりがちですので、「身につけて心地いい」と「リアルさ」の境界線を常に探っています。

dear
nelsodos
わたし自身ものを長く使うことがとても好きです。ただ、直接肌に触れるアクセサリーは経年劣化がつきものなので、アフターケアの考えを大切にしています。作品を購入してくださったお客さまに、安心して長く身につけていただけるよう、メンテナンス&修理をお受けしています。お客さまと直接繋がれることは、ハンドメイドならではの良いところだと思います。

新作は、オーナメント・イヤーカフ

左・新作の「オーナメント・イヤーカフ」」。右・新作と同じく、クリスマスオーナメントから着想を得て制作された「Sprinkles with ornament」。

dear
nelsodos
この作品は、クリスマスツリーに飾ってあった木製のオーナメントからヒントを得て生まれた作品です。着想→制作→型作り→仕上げの工程をたどると、どうしても数ヶ月かかってしまい、発表が春になってしまいましたが(笑)。

dear
nelsodos
いつもは、ロウで原型をつくる「ロストワックス」という方法で制作していますが、今回は3つの素材、丸・正方形・長方形の銀線のみで制作しています。

dear
nelsodos
銀線を溶接して十字をつくり、ヤスリで形を彫り出していきます。一から十まで溶接でつくり上げたのは初めてでとても苦労しましたが、オーナメントらしい繊細さと湾曲を表現できたので満足しています。

最後に、記事を読んでくださったみなさんに向けてメッセージをいただきました。

dear
nelsodos
毎回作品を載せるときは、「この作品は、見てもらう価値があるのだろうか?」と弱気の姿勢ですが、お客さまからのお便りやリクエスト、レビューをいただく度に励まされ、今は「ものづくりを諦めなくて本当によかった…」としみじみ感じています。

dear nelsodos
マイペースですが、制作と共にわたし自身もたくましく成長していきたいと思っています。今後とも見守っていただけたらとっても嬉しいです!最後までお読みくださりありがとうございました。

・オーナメント・イヤーカフ
https://minne.com/items/31074741


連載「新作おしえて」はSNS連動企画です。minne作家のみなさんは、TwitterまたはInstagramにて「#新作おしえて」「#minneとものづくりと」の2つのタグをつけ、新作画像と作品URLをつけてぜひご投稿ください。

募集の詳細を見る

文 / 堀田恵里香