特集

新しいパーツとの出会いや、買い付けも可能。「国際宝飾展」ツアー

【PR】世界中から宝飾卸・メーカーさんが出展し、さまざまな種類のジュエリー・アクセサリーが一堂に集結する巨大な宝石の祭典「国際宝飾展」にminneの作家活動アドバイザー・和田がお邪魔してきました。今回はハンドメイドに必要な素材・パーツも手に入るおすすめの楽しみ方をご紹介します。


世界中の宝石・天然石との出会いを楽しむ

1990年から毎年開催されている日本最大級の宝石の祭典「国際宝飾展」をご存知ですか?

世界中から宝飾卸・メーカーさんが出展し、ありとあらゆる種類のジュエリー・アクセサリーが一堂に集結する巨大な宝石の祭典です。

高級ジュエリーやライトジュエリーはもちろん、鉱物、天然石ルース、ハンドメイドに必要な素材・パーツまで幅広く揃っており、『実際に見て、比べて仕入れができる』展示会となっています。

そんな国際宝飾展を、minneでご活躍されているクリエイター・作家のみなさんに、作品制作に必要な素材やパーツなどの材料の仕入れの場や、デザインの学びの場としてもっとご活用いただきたいと思い、2022年1月、わたしたちはゆりかもめに揺られ、東京ビックサイトで開催されている第33回「国際宝飾展」へやってきました。


今回は、国際宝飾展を運営するRX Japanの担当者・高松さんの案内の元、minne作家さんやminneでお買い物を楽しまれるみなさんへおすすめの国際宝飾展の見所をご紹介します。

minne・和田
ジュエリー業界の専門職の方に向けた商談会というイメージが強い国際宝飾展ですが、近年はハンドメイド制作を楽しむ個人の作家さんの来場も増えているそうです。
みなさんに国際宝飾展の魅力をお伝えできるようレポートがんばります!

それでは早速会場に入っていきましょう。

この記事はRX Japanさんの提供・ご協力でお届けする広告コンテンツです。

目を奪われるブースがずらり

まず最初にご案内いただいたのは、さまざまな宝石や天然石が並ぶ「東洋ルース」さんのブース。こちらでは500円から購入できる、種類豊かなルース(裸石)が販売されています。

minne・和田
ひとつひとつ形も表情も違うルースたちが、比較的手の届く価格帯から販売されていて、なんだか宝探しのよう。高価なルースと見比べたり、つい予算を忘れてしまいそう…眺めているだけで制作意欲が湧いてきますね。

高松さん
ジュエリーに加工する前の宝石「ルース」を販売する、日本国内最大級の会社です。こちらのブースでは、約300種類・60,000点以上のルースが展示・販売されております。
次はあそこのブースに行ってみましょう!

続いて訪れたのは、インドのジャイプールで仕入れた、彩り豊かな天然石を販売されているシワリカトレーディングさんのブース。

minne・和田
わ~!きれい!連売りの様子を見ただけでテンションがあがります!

minne・和田
日本ではなかなか手に入らないような素材が手に入るのも、世界中から出展社さんが集まる国際宝飾展ならではですね。 つくるものが決まっていなくて何かインスピレーションを得たい!と思っている作家さんも楽しめるブースだと思います。

高松さん
日常的にはネット通販などで仕入れる作家さんが多いと伺いますが、国際宝飾展には世界中の多種多様な素材が出展しており、比較・検討がしやすく、何より実物を見て仕入れが出来るので、ご来場された作家さんの満足度が非常に高いです。
次は宝石や天然石ではなく、アクセサリーづくりに欠かせない「チェーン」や「パーツ」を販売しているブースに行ってみましょうか。

minne・和田
パーツ類も充実してるんですね!楽しみです。

訪れたのは1950年から鎖の製造・販売を行ってきた山森製鎖さんのブース。
こちらでは、ショーケースの中に入ったさまざまなチェーンやパーツを購入することができます。

今回は、縁起物としてもなじみ深い「水引」を貴金属で表現した水引シリーズを見せていただきました。

minne・和田
初めて見る素材なので驚いたのですが、今回のイベントが初お披露目なのですね…!水引の良さを活かしつつ金属加工されたとのことで、本当に驚きです。普通の水引同様に複数本を束ね、ねじって形をつくれるんですね!自由に曲げることができてとても扱いやすく、どう活用されるのかワクワクします。minneにも水引作品をつくられている作家さんは多いので、これは需要がありそうですね。

高松さん
購入者さんのご相談やご質問にも気軽に答えてくださいますので、ぜひブースにいらっしゃる担当者さんにもお声がけいただけると嬉しいです。

ショーケースに入っている商品たちを手に取って吟味することはもちろん、企業の担当者さんが気軽にご相談に乗っていただけるのも、対面販売イベントならではの嬉しいポイントです。

minne・和田
初めて国際宝飾展に足を運ぶ方や初心者作家さんの場合は、あえて初日は避けて2日目、3日目の午後など落ち着いた時間帯にご自身のペースで周ってみるのも良いと思います。
出展社さんに質問しやすい、というメリットもあります。

パーツやアクセサリー用金具を販売されているブースは他にもたくさん。
素材と一緒にパーツも揃えることができるので、自宅に帰ったらすぐ作品づくりに取り掛かることができます。

ちょっぴり変わった素材にも出会える

ひとつの会場で、制作意欲を掻き立てられるような、さまざまな素材と出会えるのも国際宝飾展ならでは。

こちらのブースにはなんと…通常の手芸店などではお目にかかれないサメの歯が販売されていました。

どんな作品に生まれ変わるのか、ワクワクするようなものがたくさん。
もちろん会場の中には高価格帯なラグジュアリージュエリーもずらりと展示・販売されているので、ブースを眺めているだけでも楽しむことができます。


素材やパーツだけではなく、イベント出店の際に必要となるアクセサリー用の什器やケースなども販売されており、1日中ブースを巡って楽しむことができます。

クリエイター向けのセミナーも充実


連日、多彩なセミナーが開催されているのも国際宝飾展の魅力のひとつです。
セミナーは予約が必要なものもあるので、事前に公式サイトを確認しておくと安心です。

minne・和田
どの講座も無料で受講できるので、セミナープログラムが発表された直後からまず受講の申し込みをする方も多いようですね。

高松さん
多種多様な出展社を回っていただき、仕入れしていただくことはもちろん、ハンドメイドクリエイター向けのセミナーも開催しているので、途中セミナー受講も挟んだりと、1日かけてお楽しみいただけると嬉しいです。

新しいものづくりのヒントに

minne・和田
日本国内の企業さんはもちろん、さまざまな国から出展社さんが集まっていました。高松さんの的確なご案内のおかげで宝探しの気持ちで会場を巡ることができました。
クリエイター向けに独自の素材を開発し商品化されている企業さんが出展されていたり、実物を見ながら解説していただける機会はぜひ活用いただきたいな、と感じました。

高松さん
ジュエリー・アクセサリー好きなら誰しもが心躍る場となっております。ぜひ一度ご来場いただき、今後の制作活動にお役立ていただければ幸いです。

次回は10月26日(水)〜10月28日(金)にて、パシフィコ横浜にて開催されます。
横浜会場でも、minneの作家活動アドバイザー・和田によるセミナーも開催予定です。

minne・和田
2021年秋にパシフィコ横浜で開催された「国際宝飾展 秋」にて、「minneが教えるネット販売成功ノウハウ」というタイトルで登壇しました。ネット販売への意欲が高まるトピックスを中心にお話させていただき、180名を超える受講者のみなさんには大変ご好評いただきました。
今回は横浜での内容をぜひとも神戸でも、とオファーいただき、再度登壇させていただきます。関西近郊の作家・ブランドのみなさんのお役に立てると幸いです。(セミナー申込は展示会HPから)


国際宝飾展は年3回(1月、5月、10月)にわたり開催されています。ハンドメイドクリエイター・作家さんならどなたでも入場可能ですので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。みなさまのご来場をお待ちしております。

※展示会場への入場にはお一人様につき1枚、招待券が必要です。招待券のご請求(無料)は展示会HPから。

国際宝飾展【秋】
場所:神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1 パシフィコ横浜
期間:10月26日(水)〜10月28日(金)10:00~18:00(最終日は17:00まで)
入場料:入場料 5,000円(事前の招待券請求で無料)
招待券請求(無料):https://regist.reedexpo.co.jp/expo/IJTK/?lg=jp&tp=inv&ec=IJK&em=min
セミナー申込:https://biz.q-pass.jp/f/5178/ijta22_seminar/seminar_register

企画・ディレクション・取材・文 / 中村瑛美里 撮影 /真田英幸