喫茶店気分を味わえる、パフェグラス

minneで見かけてひと目惚れしたガラス作家の澤田 和香奈さんがつくるパフェグラス。いつか欲しいな…と思っていたころ、偶然ポップアップショップで澤田さんの作品がずらりと並んでいるのを発見!店内で30分ほど迷いながらも、このぷっくりと膨らんだ形がかわいいパフェグラスをお迎えすることにしました。

のこ

6歳と3歳の甥っ子にぞっこんなminneカメラマン。趣味はカメラとフィギュアスケート観戦。

かわいらしい見た目にうっとり

・澤田 和香奈さんのFrill-パフェグラス(ミントグリーン)

ひとつひとつ丁寧につくられているのが伝わってくる、澤田さんの作品。繊細な手仕事と、ミントグリーンの縁取り、ぷっくりとしたフォルム…そのすべてに惚れ込み、こちらのパフェグラスを購入しました。

澤田 和香奈さん
レトロなガラスを思わせるひらひら波打つ縁と、金魚鉢のようなシルエットがポイントです。縁には不透明のパステルカラーの色ガラスを使っており、北欧インテリアにも馴染むようなデザインを目指しました。食器棚での佇まいもかわいいですよ。
またこちらは、宙吹きガラスで型を使わずひとつひとつ制作しているため、どうしても形には個体差が出てきてしまいます(ペアなどでご注文の場合は揃えるようにしています)。すべて愛着を持って制作、お届けしておりますので、ひとつだけの作品との出会いも含めてお買い物を楽しんでいただけたら幸いです。

中身によって表情が変化

このパフェグラスを使って、今年の夏はクリームソーダをつくってみました。高さはそこまでないのですが、ぷっくりとふくらんだ形をしているのでたっぷりとソーダを注ぐことができます。アイスクリームとさくらんぼを乗せたら完成です。

クリームソーダの色とミントグリーンの色がマッチしてて、ずっと眺めていたいぐらいかわいくできました。味もいつも以上においしく感じ、お気に入りの器を使うことの楽しみを再発見できました。先日、友人も同じグラスを注文したらしいので、来年の夏は一緒にクリームソーダをつくって並べて写真を撮りたいな。

最近は、大好きなシャインマスカットとナガノパープルを盛り付けてゆっくり味わって食べました。

澤田 和香奈さん
シンプルにフルーツを盛り付けたり、ヨーグルトやグラノーラを盛り付けたりして日々の食卓でぜひ活躍させてください。

これまでは「いざ!」というときに使っていましたが、ヨーグルトやグラノーラを盛り付けて日常使いしてみるのもいいですね。秋以降もいろいろなものを盛り付けながら、パフェグラスを楽しみたいと思います!

「澤田 和香奈」さんのショップはこちら

他にもこんな記事がおすすめ

minneスタッフが購入したお気に入りの食器たちは、こちらの記事でもご覧いただけます。

どんな料理にも馴染む、オーバルプレート
家にいる時間が増え、ほぼ毎日自炊をするようになりました。さっとつくったものでも素敵なお皿に盛り付ければより満足感を得られそうだなと思い、出会った2枚のお皿をご紹介します。
記事を読む

わたしが選んだ、ふんわりやさしい器たち
テレワークが続く中、苦手な料理をする機会が増えました。すこしでも気分を上げるため、“思わず料理したくなるような素敵な器を買おう!”とそろえたのが、やさしい色使いが魅力的なユトリロさんの器たち。お気に入りの器を使うと食卓に彩りを添えてくれるだけでなく、いつもの料理も一段とおいしく感じられるから不思議です。
記事を読む

ガラスのコップに似合う、マドラー
夏のティータイムに欠かせない涼しげなグラス。KanamiTakedaCeramicsさんのマドラーを合わせると、夏らしさがさらにアップします。美しい色合いはもちろんのこと、スプーンとしても使える優秀なデザインが魅力的。わたしの夏の定番ドリンクと合わせてご紹介します。
記事を読む