【CLASKA連載】暮らしをたのしむ vol.13 手乗りサイズに癒される「ぬいぐるみバッグチャーム」

ライフスタイルブランド「CLASKA」さんから、暮らしに映えるアイテムとそのたのしみ方をご紹介いただく連載。今回取り上げるのは、手のひらに乗る小さなサイズ感が愛らしい、ぬいぐるみのバッグチャームです。

語り手は、CLASKAの速水さんです。

CLASKASHOP\'S GALLERY
ライフスタイルブランド「CLASKA(クラスカ)」発のショップ。インテリア、雑貨、ファッションアイテムなど幅広いアイテムを取り扱う。
https://minne.com/@claskashop

手乗りサイズのぬいぐるみバッグチャーム

今回は、当店で大人気のキャラクター「MAMBO(マンボ)」の、ぬいぐるみバッグチャームをご紹介します。

「MAMBO(マンボ)」は元々、イラストレーター 塩川いづみさんがビション・フリーゼという犬をモチーフにして描いたイラスト作品です。もこもことした純白の巻き毛からのぞく、つぶらな瞳や鼻がたまりません。

そんな「MAMBO(マンボ)」が寝そべったポーズを、ぬいぐるみで再現しました。ふわふわ、もこもこの毛並みはとても気持ちのよい触り心地。丁寧な刺繍で表現されたつぶらな目鼻が、毛に若干埋もれているのもチャーミングです。

顔の下に、短いですが両前足があります。指でパタパタ動かして遊ぶこともできて、楽しいです。

お気に入りのバッグにぶらさげて

バッグにぶらさげれば、みんなの注目を集めそうな存在感。歩くたびにゆらゆら揺れる様子もかわいくて、とぼけた表情がますます引き立ちます。見た人の心を和ませ、頬を緩ませることができるでしょう。

ここからはバッグチャームとして以外の生活での楽しみ方をご紹介します。

インテリアのチャームポイントに

背中のボールチェーンを外して、小さなぬいぐるみとしてお部屋に飾って楽しむこともできます。インテリアのチャームポイントとして、MAMBOの居場所をつくるのはいかがでしょう?

自分だけのぬいぐるみとして

手づくりの首輪を付けてお散歩ごっこをしたり、小さな帽子をかぶせたり、洋服を着せたり。自由な発想で、自分だけのオリジナル MAMBOへと育てながらかわいがるのも楽しいです。

おでかけの相棒として

本物のペットを連れては行けない場所でも、MAMBOとなら、どこへでも一緒に行けます。普段のお散歩やお買い物のおともにはもちろん、旅行などにも連れて行っていただけましたら幸いです。

ユーザーから寄せられた Instagram 投稿写真より

お家の中に飾るもよし、外出先で記念写真を撮るもよし。日々の暮らしに寄り添い、いつも心を癒してくれる相棒のような存在になってくれます。

大きなリアルサイズのぬいぐるみもあります

リアルなサイズのMAMBOもあります。体長35cm程度の「MAMBO ぬいぐるみ リアル」と一緒に並べると親子のようで、これまたかわいいくてたまりません。お好みのサイズをお選びになって、あるいは親子で迎えていただけましたら嬉しいです。

それでは、次回もおたのしみに。

ご紹介したアイテムはこちら


編集/西巻香織