おすすめ作品

ガラスペンの選び方・使い方とおすすめの人気作品15選

ガラスペンは透明感のある美しい見た目とさらさらとした書き心地が人気の筆記アイテム。実用性もあり、お手入れも簡単なので、実は初心者でも使いやすいんです。そんなガラスペンの選び方・使い方からお手入れ方法、おすすめの作品までたっぷりとご紹介します。

ガラスペンとは?

IDICさんの「紫とピンクのガラスペン

ガラスペンは、日本発祥のガラスでつくられたペンのこと。ペン先にインクを浸して使う“つけペン”の一種です。1902年に風鈴職人の佐々木定次郎氏によって考案されたといわれています。

ガラスペンの魅力

天然職人さんの「オリジナルカラー硝子ペン・イエロー

ガラスペンの魅力とはどんなところなのでしょうか。項目別にご紹介します。

ガラスペンの見た目の美しさ

儚げで美しい見た目はガラスペンがもつ魅力のひとつ。ガラスの透明感や上品に輝く姿は、まるで芸術品のような気品をまとっています。

滑らかな書き心地や質感

さらさらとした滑らかな書き心地はガラスペンならでは。ひんやりとしたガラスの質感や、手に持ったときに馴染むようにつくられた形状が書きやすさの秘密です。

種類豊富なインクを楽しむ

ガラスペンのインクは、色や濃淡などさまざまな種類が市販されているので、好みや用途に合わせて使い分けられるのも嬉しいポイント。お気に入りのインクを揃える楽しみもありますよ。

ガラスペンと万年筆の違い

ガラスペンは、ペン先をインクに浸して使う「つけペン」の一種ですが、万年筆は中にインクを入れるタイプが基本なので、ペンの構造そのものが異なります。また、万年筆はペン先の刻印の面を上にして書きますが、ガラスペンはあらゆる方向で自由に書くことができるのというのも特徴です。

ガラスペンの選び方

ガラスペンがほしいけれど、選び方がわからないという方必見!形状や素材の特徴について説明します。ガラスペンとインクがセットになっているものも販売されているので、初心者の方でも安心です。

形状別の特徴


一体型
ペン先から軸まで、すべてガラスでつくられている一体型。美しい透明感や華やかな装飾などが施されたその姿は工芸品のよう。うっかりペン先だけ紛失する心配がないのも嬉しいポイントです。

分離型
ペン先と軸を分けてつくられている分離型のガラスペン。ペン先が劣化しても、ペン先のみを簡単に交換することができます。

素材別の特徴


一般(軟質)ガラス
ガラスペンに細やかな細工を施すのに向いているといわれる一般ガラス。軟化温度が低く比較的加工しやすい分、安い価格で手に入れることができるといわれています。ただ、高熱や衝撃に弱いので、取り扱いには注意が必要です。

硬質ガラス
一般ガラスよりも丈夫で割れにくい特徴を持つ硬質ガラス。ペン先がすり減りにくいので、長く使いたいという方にはおすすめの素材です。硬質ガラスは加工が難しいため、必然的に価格も高くなるといわれています。

ガラスペン&インクの使い方と書き方のコツ

硝子工房きつねらんぷさんの「森に吹く風のガラスペン

一見難しそうに思えるガラスペンの扱いですが、実はすごく簡単なんです。ガラスペンと好みのインクを用意したら、さっそくチャレンジしてみましょう。

用意するもの

・ガラスペン
・インク

1.インクをつける

ペン先にインクを浸します。ペン先の1/3ほどを瓶の真ん中に真っ直ぐおろします。ペン先は繊細なので、底に当たらないように慎重に。

2.書く

力を入れすぎないように注意しながら、ペンを寝かせるようにして書きます。ペンを少しずつ回しながら書くと、スムーズにインクが流れてきます。
ガラスペンを一時的に置く場合は、ペンレストなどを使うといいですよ。

ガラスペンのお手入れ方法

使い終わったら忘れないようにしたいのが、ガラスペンのお手入れ。簡単な工程なので、インクが乾いてしまう前に行うようにしましょう。

用意するもの

・水を入れた容器
・ティッシュ

1.ペン先を水につける

水を入れた容器にガラスペンのペン先を入れてインクを洗い流します。

2.水分を拭き取る

ティッシュ、もしくはやわらかい布で水分を拭き取ります。
使い終わってから時間が経過しインクが落ちにくい場合は、ぬるま湯につけると落ちやすくなりますよ。


minneで見つかる、おすすめのガラスペン15選

ここからは、minneで見つけたガラスペンや、ガラスペンにまつわるアイテムをいくつかピックアップしてご紹介します。

美しいブルーのグラデーション

硝子工房きつねらんぷさんの湖水のガラスペン

「波のない、静かな湖の水面」をイメージして制作されたというガラスペン。シンプルなので、飽きずに長く使えそうですね。

作品を見る

爽やかなグリーンのとりこに

Glass Studio Handさんの25ガラスペン Nature “Forest” -1

安定した書き心地が魅力的な先太タイプ。“Forest”という作品名の通り、森のような美しいグリーンが目を惹きます。

作品を見る

有田焼とガラスの組み合わせ

 HIZEN5さんの有田焼 白磁ガラスペン

マットな有田焼の質感と、透明感溢れるガラス素材の組み合わせが新鮮。どこかモードな雰囲気が漂う逸品です。

作品を見る

おそろいのペンレストがセット

つのだ ゆきさんのガラスペン

ペンの上部に“羽”のモチーフが施されています。見ているだけでもワクワクさせてくれるデザインなので、プレゼントにもおすすめです。

作品を見る

グリップ部分に漂う“くらげ”

a_beeさんの気まぐれ水中くらげガラスペン

よく見ると、グリップ部分に“水中に漂うくらげ”がデザインされた、神秘的なデザイン。思わず光にかざして見てみたくなりますね。

作品を見る

オブジェのようなガラスペン

energy-frogさんのチェス寄りの硬質ガラスペン『ポーン』

チェスの駒をモチーフにしたオブジェのような作品。自立することができるので、ペンレストいらずなのが嬉しいですね。

作品を見る

マーブル模様に思わずうっとり

IDICさんのオレンジとピンクのガラスペン

オレンジとピンクが混ざったような絶妙なカラー。気持ちも晴れやかにしてくれること間違いなしのアイテムです。

作品を見る

届いたらすぐに使えるセット

Gagaさんの手作りガラスペン ブルー&ピンク

ペンレストと金のラメ入りインクがセットになったガラスペン。神秘的なカラーとやさしい曲線が魅力的。

作品を見る

繊細なねじり模様が美しい

smkさんの★New★ガラスペン

ねじりが入ったような模様が特徴的。スリムなフォルムが持ちやすいので、プレゼントとしても喜ばれそうですね。

作品を見る

どんなガラスペンにもフィット

carrocro きゃろくろガラス工房さんの耐熱ガラスのペンレスト

「安定感があり使いやすい形」にこだわって制作されたペンレスト。シンプルなデザインなので、どんなデザインのガラスペンにも合いますよ。

作品を見る

シンプルで無駄のないデザイン

硝子工房きつねらんぷさんの夕焼け空のガラスペン

“夕焼け空”と名付けられた作品です。その名の通り、やわらかな夕焼けを彷彿とさせるカラーに思わず心奪われます。

作品を見る

ハーバリウムがガラスペンに

Flower petalsさんの専用カバー付きハーバリウムガラスペン-グリーン-

ガラスペンの中でドライフラワーが泳いでいるようなユニークなデザイン。専用のカバー付きなので持ち歩きにもおすすめです。

作品を見る

素材の美しさが際立つ

kaotyannさんの椿漆絵のペン置き

茶道具である柄杓(ひしゃく)でつくられています。文字を書く所作も自然と美しくなりそうな、和の風合いが魅力的。

作品を見る

好きなものを封入できるキット

 AromaVentVertさんのガラスペン ハーバリウム 手作りキット ペン置きのオマケ付

ペン軸の部分に、好きなアイテムを封入することができるガラスペンのキットです。世界にひとつだけの特別なガラスペンが完成しますよ。

作品を見る

インクを主役にしたインク置き

kurastoneさんの万年筆インクボトルトレー no.11

石でつくられた、パイロットの万年筆インク“色彩雫シリーズ”専用のインク置きです。インクボトルの透明感を活かすため、​​表面はつや消し仕上げが採用されています。

作品を見る

自分だけのお気に入りのガラスペンを見つけよう

minneには他にもガラスペンにまつわるアイテムが多数そろっています。ぜひチェックしてみてくださいね。

minneで「ガラスペン」を探す
 

こちらの記事もあわせてご覧ください。

よくある質問


ガラスペンはどのように使うの?


ガラスペンは、ペン先の1/3ほどをインクに浸し、力を入れすぎないように注意しながらペン先を寝かせるようにして書きます。詳しい使い方はこちらの章で解説していますのでご覧ください。

ガラスペンと万年筆の違いは何?


ガラスペンと万年筆はペンの構造そのものが異なります。ガラスペンはペンとインクが別にあり、ペン先をインクに浸して使うのに対して、万年筆は中にインクを入れるものが基本となります。その他の違いについてはこちらの章で解説しているのでご覧ください。