わたしの定番アクセサリー vol.15「個性が光る、 主役級のブローチコレクション」

あれこれといくつも欲しくなり、気づけば増えてしまうアクセサリー。だけど、「これは」と自分の中でなんだか特別な“定番”のアイテムってありませんか。そんな「わたしなりの定番アクセサリー」をおしえてもらう連載企画。第15回目の今回ご紹介するのは、minneの作家活動アドバイザー・まおのアイテムです。

きらっと個性が光る

「絵力がすごい!」ひと目見た瞬間に思わず圧倒されてしまった、まおさんのコレクション。どれも、心奪われる不思議な魅力を持った作品ばかりです。

今回はどんなテーマで選んでくれたんですか?

まお
作品からパワーがもらえそうな強さのあるブローチを選んで持ってきました。
 
本当に「パワー」というキーワードがぴったりなものばかりですね!購入するときのポイントはありますか?

まお
ブローチは、単体で存在感のある大きさだったり、重ねづけを狙って購入したりします。どのアイテムもつけていると購入時の高揚感を思い出しますし、こうして並べてみても、何年経っても色あせない名品ばかりですね。

並べてつけたいトランプブローチ

このブローチは、デザイン自体はとてもシンプルなのに、インパクトがありますね。

まお
そうなんです。最初にハートを購入したんですが、届いた作品を見てびっくり!表も裏もすごく美しく仕上げられていて衝撃を受けました。こちらの作家さんは一点もの中心のようだったので、慌ててクローバー・スペード・ダイヤを購入してコンプリートしたんですよ。
 
写真で見ても、思わずうっとりと見惚れてしまうくらい、ビーズとスパンコールがきれい。

普段はどんなふうに使っているんですか?

まお
購入する前から「濃い色のジャケットに全部つけてギラギラしたい!」と思っていたので、本当にそんな感じで使っています。一定方向にきっちり縫い付けられた作家さんの技術力のおかげで、光が当たるとギラっと強く光り、惚れ惚れします。

・「Belva!」さんの「ビーズ刺繍のブローチ」
https://minne.com/items/24574233

リアルなシズル感がたまらない

これは…!かぶりつきたいくらいのリアルさですね!

まお
かれこれ5年くらい愛用していて、わたしの中では夏の定番品になっています。長辺が6cmあって、このボリューム・存在感のブローチって意外と見つからないんですよね。色違いで黄色も持っています。

この存在感!作家のLINDA TOKYOさんらしい、遊び心のある作品ですね。

まお
今年発売されたブローチと同じシリーズのリングバージョンです。ひと目で「これは買わねば!」と引き寄せられました。スーパーの果物売り場のカットフルーツそのもののサイズ感のリングで、ゴロっと感がリアルで本当に大きいです(笑)。テーブルに置いていると「スイカ食べ残したかな?」って気分になれます。この大きさだからこその愛おしさが気に入っています。
 
本物のスイカをつけているようにしか見えません(笑)

・「LINDA TOKYO」さんの「Brooch of SUIKA (赤)」
https://minne.com/items/132241
・「LINDA TOKYO」さんの「DEW2」
https://minne.com/items/27901894

エスニックな雰囲気ただよう

このブローチは糸の使い方が素敵。他にはない珍しいデザインですね。

まお
洋服の装飾の一部のようにも見えるブローチを探していたときに出会ったものなんです。左側のブローチは、ストライプなど同系色で柄物のシャツに合わせてよく使っています。布を折りたたんでフリンジをつくってボタンやビーズパーツを組み込んで…と、とても凝ったつくりをしているんですよ。
 
作家さんの柔軟なアイデアと発想が本当に素晴らしいですね。

まお
そうなんです。素材や形にとらわれることなく、ここまで自由につくられているブローチって珍しいな、って思います。
右側の黄色いブローチは鳥にも見えるし植物にも見えるし…という不思議な形に惹かれて選びました。青いブローチと組み合わせて使うことも多いです。

・「en catimin」さんの「ブローチ」
https://minne.com/@en-catimini

素材の美しさが際立つ

これはまた、これまでのとがらりと印象が変わりますね!左側のブローチは“木”でしょうか?

まお
普段は額縁やインテリアアイテムを制作している「工房イサド」さんのブローチです。確か素材は柿の木だったと思います。先ほどご紹介したスイカのブローチよりも大きなブローチを探し回って、百貨店のイベントで見つけて購入しました。これもジャケットにつけるとかっこいいんです。すべすべした手触りもお気に入りです。
 
真ん中のは貝ですかね?さりげなく女性の横顔になっているんですね。

まお
おそらく螺鈿細工だと思います。ブローチ兼帯留めにもなるパーツで仕立てられています。ほしいと思っても、こういうブローチってどこに売っているかもわからないし、なかなか見つけられないんですよね。ハンドメイドの“宝探し”感が詰まった作品だな、と感じます。
 
宝探し感、いいですね。一点ものが多いハンドメイドならではですよね。右側のお魚はヒラメですか?

まお
そうです。数年前に、百貨店でポップアップストアに出店されていた、ビーズ作家のiskobo(イズ工房)さんで購入しました。ビーズの色選びとヒラメというモチーフをブローチにしたアイデア、小ぶりだけどつけるとなんとも言えないオーラがあります。同系色の服を着て「よく見たら渋いヒラメが居た」みたいなコーディネートが好きです。
 
わたし、まおさんの持ち物を見せてもらうのが、とっても好きなんですよね!今回も、何ともまおさんらしい個性が光るブローチたちばかりで、ワクワクしっぱなしでした。

これからも、定番のアイテムたちと永くいいお付き合いを。


まお
minneの作家活動アドバイザー。手持ちのお金は全部使っちゃいがち。