陶片と翡翠でつくられた、金継ぎのピアス

本来捨てられるはずの陶片と翡翠を組み合わせてつくられた“金継ぎ”のピアス。小ぶりながらも、ストーリーを感じるデザインと、上品なたたずまいに惹かれて購入した、わたしのお気に入りです。

せん
minneのデザイナー。最近の悩みは、ポーチを買いすぎてもはや入れるものがなくなってきてしまったこと。

吸い込まれそうに美しい色味

・ichiさんの有田焼陶器×翡翠の金継ぎピアス

minneとHIZEN5さんの取り組みから生まれたこちらのピアス。本来捨てられるはずの陶片にichiさんの感性がプラスされ、とても素敵な作品に仕上げられています。

和を感じる色合いも、このピアスの魅力のひとつ。マットな黒と、透き通った緑の組み合わせが美しく、思わず見入ってしまいます。金継ぎのゴールドもいいアクセントになっていて、小さなピアスの中にたくさんの表情があるところも気に入っています。

ichiさん
有田焼の陶器をより美しく見せながら、金継ぎの美しさも知っていただきたいという想いから生まれた作品です。窯元さまから譲り受けた陶片をさらに細かく割り、偶然うまれた形を活かしながら、マットな黒を引き立たせる翡翠と組み合わせ金継ぎしました。欠片たちを唯一無二のピアスに変えた金継ぎの良さを感じていただけるものになったと思います。

モノトーンコーデにぴったり

最近は家にいることが多いので、自然と出番も減ってしまっているのですが…白や黒など、モノトーンな洋服に合わせて使っています。耳が完全に出るショートヘアにしたので、身につけるのがますますたのしみです!

ichiさん
和装やおしゃれをしたいときなどにも使っていただきたいですが、おでかけが難しい今、おうち時間をアクセサリーでたのしく過ごしていただけたらうれしいです。

小ぶりなサイズなのでたしかにおうちの中でもつけやすそう。これからは気分を上げるために、おうちの中でも身につけてみようと思います。

「ichi」さんのギャラリーはこちら