新作おしえてvol.27「KAIKU brass-stringさんの新作、真鍮の一輪挿しタペストリー」

この連載では、作家さんにSNSで「新作」を募集。編集部の目にとまった素敵な作品を、制作の背景と交えてご紹介していきます。第27回目にご紹介するのは、KAIKU brass-stringさんの新作、真鍮の一輪挿しタペストリーです。

作り手は、KAIKU brass-stringさん

KAIKU brass-string
真鍮と紐・色・編みで生み出す作品づくりをテーマに制作。
https://minne.com/@brass-string

KAIKU brass-stringが生まれるまで

KAIKU brass-stringさんのものづくりの原点は、毎年手編みのニットを贈ってくれた、お祖母さまなのだそう。

KAIKU brass-string
幼いころ、手編みのニットを毎年贈ってくれた祖母。セーターや手袋、マフラー…毎年、わたしの体の成長に合わせたものを贈ってくれたのを、今でも覚えています。祖母の住まいは、わたしが住んでいた場所からは離れた北海道のオヘソ(中心)辺りの林檎園でした。冬は薪ストーブに林檎の樹を焚べながら、窓よりも高く積もった雪解けを待っていたそうです。

KAIKU brass-stringさんの代表作、「真鍮マクラメタペストリー

KAIKU brass-string
子どものころのわたしからすれば、祖母が住んでいた北海道は、遠く異国の世界のようでした。そんな場所から、世界にひとつだけのものが届くのを心待ちにしていました。そんな祖母を真似るところから、わたしのものづくりはスタートしたんです。

暮らしとともに、永く愛していただける作品を

暮らしの中にすっと馴染むようなやさしい表情ながらも、アート作品のような独特の存在感を放つKAIKU brass-stringさんの作品。制作するうえで大切にされていることをうかがいました。

KAIKU brass-string
わたしの作品は経年変化が味わいとなる素材を使っているので、「永く共に」していただけることを大切にしています。

KAIKU brass-string
たとえば真鍮は「輝いていても」「輝いていなくても」美しく味わい深い…そんな性質が魅力的です。わたし自身も、minneで購入した真鍮のアクセサリーを毎日身につけており、磨いては背筋が伸びる気持ちになります。ときには磨かずに、のんびりとした時の流れをたのしんでいます。

KAIKU brass-string
KAIKU brass-stringでは、そんな真鍮にコットンの糸をかけ合わた作品を制作しています。みなさまの心落ち着くお時間のおともになれたらという想いを込めて、日々制作しています。

KAIKU brass-string
またペーパータグも1枚1枚ロウ引きし、真鍮同様、永く愛していただけるような工夫をしています。

新作は、『真鍮の一輪挿しタペストリー』

KAIKU brass-string
一輪挿し×タペストリーの作品が生まれたきっかけは、我が家の階段事情でした。リビングが2階にあるため、頻繁に階段を使って行き来する我が家。朝日も入るので、とても気持ちいい場所です。

KAIKU brass-string
コの字型の踊り場スペースに掛けた一輪挿しタペストリーは、降りるときは花の表情を眺め、昇るときは編み目の交わりを。ターンの際は、バイカラーの2色が順に目に入ってきます。
贈られた花束がドライになっていく姿もたのしみたくて、1〜2輪だけでも記念に飾り続けたいと思ったのもつくるきっかけのひとつです。

試行錯誤を重ねてたどり着いた形

KAIKU brass-string
真鍮リングは、3種類の大きさのものを制作して(直径18cm・20cm・23cm)作品によって使い分けています。そこへ一輪挿しとなる真鍮パイプを糸で編み付けていくわけですが、なかなかうまくいかず、デザインを考え直しては何度もつくり直しました。

KAIKU brass-string
そうして完成したのがこちらのシルエット。まだ茎の柔らかいうちから好みの形に挿して、ドライフラワーになるまでの移り変わりもたのしむことができます。

最後に、記事を読んでくださったみなさんに向けてメッセージをいただきました。

オーガニックコットンのひもでつくられた「鯉のぼり」。やさしい色味がインテリアにも馴染みます

KAIKU brass-string
わたしは二児の母です。今、毎日子どもたちの未来ある自由な暮らしを願うばかりです。

KAIKU brass-string
そして今、『優しい鯉のぼり』タペストリーの制作を終えて、子どもの日のお祝いに携わることができ幸いに思っています。これからも微力ながらも、「皆さまの」そして「皆さまの大切な方の」お役に立てますよう、KAIKU brass-stringらしさ・作品に表情(色、形、動き、シルエット、質感)のある作品を生み出せたらなと思っています。

最後に、ご覧くださりありがとうございました。
日々、皆さまへの感謝の気持ちを糧に在れることを心よりお礼申し上げます。

真鍮の一輪挿しタペストリー
https://minne.com/items/26289981


連載「新作おしえて」はSNS連動企画です。minne作家のみなさんは、TwitterまたはInstagramにて「#新作おしえて」「#minneとものづくりと」の2つのタグをつけ、新作画像と作品URLをつけてぜひご投稿ください。

募集の詳細を見る

文 / 堀田恵里香