TSUTAYAさんに聞きました「物書きが出てくるおすすめ映画」5選

この連載では、TSUTAYAさんご協力のもと「ものづくり」への想いを刺激する、おすすめの作品を毎回テーマを変えてご紹介します。今回は、SHIBUYA TSUTAYAのスタッフ・沖田愛さんセレクトの「物書きが出てくるおすすめ映画」5選をどうぞ。

今回の担当スタッフ
沖田愛さん
TSUTAYAで働きながら、劇団に所属しています。たまに映画の吹替の仕事もするので、映画は吹替で観ています。

「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語

言わずと知れた「若草物語」の実写化。マーチ家の四姉妹メグ、ジョー、ベス、エイミー、全員が魅力的に描かれています。個人的には衣装が素敵なところもポイントです。女性が自立することの難しかった南北戦争の時代に、小説家を夢見る次女のジョー。才能ある自立した女性として生きたい、という強い気持ちを持ちながらも、恋をし、寂しさを抱え...その間で揺れる想いがひしひしと伝わり、目が離せません。ジョーのきらめくような少女時代に注目です。

製作年:2019年
製作国:アメリカ
メーカー:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
出演者:シアーシャ・ローナン、エマ・ワトソン、フローレンス・ピュー、エリザ・スカンレン、ティモシー・シャラメ
監督:グレタ・ガーウィグ
音楽:アレクサンドル・デスプ
JAN:4547462123602

「響 HIBIKI」

響 HIBIKI

マンガ大賞2017で大賞に輝いた、柳本光晴のコミック『響~小説家になる方法~』を実写化した作品。突然文壇にあらわれた10代の天才作家、響。自分の信じる生き方を曲げない彼女は、世間の常識に囚われている人々や建前をかざして生きる人々の誤魔化しを許すことができず...。とる行動はとんでもないものの、過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、さまざまな人に計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変えていきます。才能に信念が加わることで、こんなにも人の心を動かすことができるのかと、はっとさせられました。

製作年:2018年
製作国:日本
メーカー:東宝
出演者:平手友梨奈、北川景子、アヤカ・ウィルソン、小栗旬、柳楽優弥
監督:月川翔
音楽:伊藤ゴロー
JAN:4988104120618

「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」

9人の翻訳家 囚われたベストセラー

全世界待望のミステリー小説『デダリュス』完結編の各国同時発売に向けて、人里離れた洋館に9人の翻訳家が集められます。外部との接触を一切禁止され、毎日20ページずつ渡される原稿を翻訳していく日々。ある夜、出版社社長のもとに「冒頭10ページをネットに公開した。24時間以内に500万ユーロを支払わなければ、次の100ページも公開する。要求を拒めば全ページを流出させる」という脅迫メールが届いて....。展開にハラハラドキドキさせられるミステリー作品です。翻訳家として訳すだけでなく、文学そのものに対する情熱が感じられるシーンも多々。ラストでは驚きの展開が待っています。ぜひご覧ください。

製作年:2019年
製作国:フランス・ベルギー
メーカー:ギャガ
出演者:ランベール・ウィルソン、アレックス・ロウザー、オルガ・キュリレンコ、リッカルド・スカマルチョ、シセ・バベット・クヌッセン
監督:レジス・ロワンサル
音楽:三宅純
JAN:4589921411714

「ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜」

ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜

Ⓒ 2012 DreamWorks II Distribution Co.,LLC

1960年代のアメリカを舞台に、白人女性と黒人家政婦たちの友情が街を変革していく様子を描いたベストセラー小説の映画化。南部の上流階級に生まれた作家志望のスキーターは、当たり前のように黒人のメイドたちに囲まれて育つも、大人になり白人社会に置かれたメイドたちの立場に疑問を抱きはじめます。本音に迫ろうとメイドたちにインタビューを試みるものの、誰もが口を閉ざすばかり。そんな中、ひとりのメイドがインタビューに応じたことから、社会全体を巻き込んだ大きな事態へと進展していきます。差別の根本について、それを「書く」ことで社会に伝えるという姿勢について、たくさん考えさせられる映画です。

製作年:2011年
製作国:アメリカ
メーカー:ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
出演者:エマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス、オクタヴィア・スペンサー、ブライス・ダラス・ハワード、ジェシカ・チャステイン
監督:テイト・テイラー
音楽:トーマス・ニューマン
JAN:4959241927477

「あの頃ペニーレインと」

あの頃ペニーレインと

監督が、自身の体験をもとに描いた青春音楽ムービー。主人公の少年ウィリアムは、わずか15歳にして、伝説的なロック・ライターに自分の記事が気に入られたことをきっかけに、あの『ローリング・ストーン』誌の仕事をもらいます。ブレイク寸前のロックバンドのツアー同行取材を任されて楽屋を訪れた彼は、中にいたペニー・レインにひと目惚れをしてしまい...。青春はたのしくて、苦しくて、はかないものだ、と改めて感じさせられつつ、それを持って成長していく主人公に共感しながらたのしむことができる作品です。

製作年:2000年
製作国:アメリカ
メーカー:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
出演者:パトリック・フュジット、ケイト・ハドソン、ビリー・クラダップ、フランシス・マクドーマンド
監督:キャメロン・クロウ
音楽:ナンシー・ウィルソン
JAN:4547462074454
 
小説家やライター、翻訳家などさまざまな「書く」人が登場する映画を厳選いただきました。それぞれが生きる時代や環境の中で、どんなことを書き、表現したのか。ぜひチェックしてみてはいかがでしょう。

SHIBUYA TSUTAYA5Fでは、クリエイターにおすすめのDVDを揃えた「minneとものづくりとレコメンド棚」が期間限定で設置されています。お近くにいらした際はぜひお立ち寄りください。


次回のテーマ、ラインナップもおたのしみに。
 

ご協力いただいたのは、レンタルDVD国内最大級の品揃えを誇るSHIBUYA TSUTAYAさん。「たくさんの映画の魅力をさまざまな視点で、より多くの方にたのしんでいただけるよう、日々発信しております」。
■SHIBUYA TSUTAYA
□所在地:東京都渋谷区宇田川町21-6 QFRONT
□アクセス:JR・地下鉄渋谷駅6出口直結
□電話番号: 03-5459-2000(大代表)
□営業時間:AM10:00-PM11:00(年中無休)
※営業時間は変更になる場合がございます。最新の情報は、公式WEBサイトでご確認ください。
※ご来店のお客様は、マスクの着用・アルコール消毒をお願いしております。ご協力をお願いいたします。
□公式WEBサイト:https://store-tsutaya.tsite.jp/storelocator/detail/2312.html
□公式Youtube channel: https://www.youtube.com/channel/UCtgjnbczWYr4b8Q28z4euXA/featured
□公式ECサイト:https://store.shopping.yahoo.co.jp/shibuya-tsutaya-net/
□Twitter:https://twitter.com/SHIBUYATSUTAYA
□Instagram:https://www.instagram.com/shibuya_tsutaya/
□アメブロ:https://ameblo.jp/shibuya-tsutaya/
 

編集 / 西巻香織