minneとものづくりと編集部の「バレンタインスイーツ交換会」

直接会って贈りものをするのがなかなか難しい今年のバレンタイン。おいしいものが大好きな「minneとものづくりと」編集部のメンバーが、minneで選んだバレンタインスイーツの交換会を行いました。みんなはどんなスイーツを贈ったのでしょうか。

プライベートでも仲がよく、お互いの好みやセンスもわかり合っている編集部メンバー。今年のバレンタインは、直接会うことがなかなか難しそうなので、それぞれがminneで選んだバレンタインスイーツを贈り合うことにしました。
贈る相手を決め、日頃の感謝の想いと「その人らしさ」を考えて選んだ一品。贈る側も受け取る側もわくわくです。

今回交換会に参加したメンバーはこちらの4名です。
えってぃ
バレンタインは家族みんなで食べられる焼菓子をつくる予定。一歳半の娘も、デコレーションならお手伝いができるかな?
せんせい
2月は「バレンタイン月間」として、連日多めにチョコレートを食べることにしています。minneをはじめ、定番ブランドのものからクラフト系まで幅広く調達する予定です。
エミリー
大好きなドライフルーツをふんだんに使ったマンディアンをつくってみたいと思っています。家族にあげるのでラッピングはサボる予定です。
のこ
今年のバレンタインは誰かにあげることができないので、自分へのご褒美にチョコをプレゼントしたいと思います。
まずは、ライターのえってぃから、ライターのせんせいへ。

east42-nybさんの「Valentine Special Box」


スイーツコンシェルジュの資格を持っているせんせい。スイーツを送るときは毎回悩んでしまいますが、最高レベルのチョコレートを贅沢に使用したブラウニーを制作されているeast42-nybさんの作品を選びました。
まず、心奪われたのが、見た目の華やかさ!女性なら誰しも、無条件にときめいてしまいそうなお菓子です。
まったく異なる4種類から「今日は何にしようかな?」と、考える時間もたのしめそう。
毎日忙しいせんせいですが、ぜひコーヒーや紅茶と一緒に、優雅な時間を過ごしてください♥(えってぃ)

せんせい
まずはシックな箱に添えられたメッセージカードにキュン。箱を開けると個性豊かなブラウニーが4つも入っていました。常温に戻して、クランブルチョコが乗ったブランデー入りブラウニーと、爽やかなラズベリーチョコレートのブラウニーをいただいたのですが、それぞれ驚くほどに濃厚な味わいが広がり、スイーツには貪欲なわたしも大満足。ひとつひとつの食べ応えも十分でした。残りのふたつはカットして、冷やしたり、温めたりして食感を変えてたのしみたいと思います。このセット、かなりおすすめです。えってぃ、ありがとう!
作品を見る

せんせいからは、編集スタッフのエミリーへ。

dolci-cafeさんの「ガトーショコラ 12cm」


昨年入籍されたエミリーちゃんには、結婚祝いの意味も込めて、華やかなホール型のガトーショコラを選びました。
ビターチョコレートと発酵バターでつくられた一品は、珈琲や紅茶はもちろん、お酒とも相性のいい大人なビタースイーツ。
ふたりで仲良くたのしんでもらえたらうれしいです。甘いひとときをお過ごしください。(せんせい)

エミリー
ナイフを入れるとさっくり切れるのに、食べてみるとしっとりとした食感で驚きました。甘さも控えめで、カカオの苦味を楽しめる大人な味わいです。甘いものがそんなに得意ではないわたしに、ぴったりなスイーツを選んでくださったせんせい。さすがスイーツコンシェルジュ!ホールでいただいたので、二人でいろんな飲みものとの相性をたのしみたいと思います。
作品を見る

エミリーからは、カメラマンののこへ。

世田谷テーブルギフトさんの「生チョコのような口どけ setagayaガトーショコラ」


甘いものが大好きなカメラマン・のこさんには、小麦粉不使用の濃厚なガトーショコラをチョイスしました。ケーキの上にはカカオニブが散りばめられていて、ナッツ好きなのこさんにぴったりなザクザクとした食感もたのしんでもらえそうです。
断面のとろっとした質感も、のこさんなら素敵に写真に納めてくれるでしょう…!(エミリー)

のこ
ずっしりとした重さに、ほんのり香るカカオ。バレンタインにぴったりなガトーショコラが届きました。
包丁でサッと切ると中はとろりとしたチョコが顔を出します。
ねっとりとした生チョコのような食感と程よい苦味のチョコで思わずうっとり。小麦粉を使っていないからか、さっと平らげてしまうから気をつけなくてはいけません!少しずつカットして毎日たのしみたいと思います。
作品を見る

最後に、のこからえってぃへ。

アトリエノアさんの「ボヌール~幸せ~3個入り」


いつもおしゃれでセンスのあるえってぃさん。
バレンタインといえばチョコですが、あまりもらったことがないだろう食べものを贈りたくて、このボヌールを選んでみました。
ボヌールとはフランス語で「しあわせ」を意味するようです。ドーナツ型がかわいらしく「どこか懐かしさのある」という文言にも惹かれました。
お子さんも生まれて忙しい毎日を過ごすえってぃさんに、ちょっとひと息をついてもらいたいです。(のこ)

えってぃ
箱を開けると粉砂糖をかぶったドーナツのようなかわいらしいお菓子が。お皿に盛り付けると、さらにかわいさが倍増!食べる前からテンションが上がるお菓子です。
口にいれた瞬間ほろほろとほどけるような生地、そして、やさしい甘さがどこか懐かしく、ほっと癒やされます。
生地・ホワイトチョコレート・粉砂糖、どれも主張しすぎることがなく、絶妙に口の中で混ざり合います。素朴でやさしい味わいなので、飽きることなくいくつでも食べてしまいそう(笑)。
作品を見る


なかなか自分では見つけられないスイーツを贈ってもらうと、「わたしのことを考えて選んでくれた」という想いがひしひしと伝わってくるような感じがして、いいものですね。
相手のことを想って、贈りものを選ぶ時間もたのしいもの。

今年のバレンタインデーは、なかなか会えない相手・一緒に暮らす家族・頑張っている自分に、minneでとっておきの贈りものを選びませんか?