水彩のタッチも表現できるグラフィックマーカー「ABT」で、心踊るクリスマスの準備を。

【PR】クリスマスのギフトに添えるちょっとしたミニカードや、今年は会うことが叶わなかった大切なひとに贈るクリスマスカードなど…サラサラと手描きで素敵なイラストやテキストを表現できたなら!そんな願いを叶えてくれる、カラーバリエーション豊富なグラフィックマーカー「ABT」でオリジナルのクリスマスアイテムをつくってみませんか。

グラフィックマーカー「ABT」

趣味でアートをたのしむひとから、プロのデザイナーやアーティストまで。長く愛用され続ける文具メーカー「トンボ鉛筆」のグラフィックマーカー「ABT」は、手描き表現の可能性を無限大に広げてくれるツールです。

全108色というカラーバリエーションも、もちろんその魅力のひとつ。

そして、その中の1色「N00」は無色インクのペンになっていて、色同士をなじませる、ぼかす、など“カラーレスブレンダー”としての役割を果たしてくれます。

「N00」に限らず、どのカラーも紙の上で同色を混ぜ合わせたり、なじませてグラデーションをつくることもでき、さらにはツルツルとしたセロハンやクリアファイルをパレットに、濃いカラーのインクを出してから、薄いカラーのペン先でそのインクをとって紙に描けば、オリジナルグラデーションも思いのままです。

「水彩画」のような表現はもちろん、線の細いイラストや、ハンドレタリングまで、さまざまなアートが紹介されているので、ぜひ公式のInstagramもチェックしてみてください。

Instagramはこちら

今回はそんな「ABT」を使って、2名の作家さんに「クリスマスに贈りたい」メッセージカードやミニカードをつくっていただきました。

作家さんのデザインと「ABT」ならではの風合いの融合に、どれも惚れ惚れとしてしまいます。

しんしんと深まるクリスマスの夜

まずご協力いただいたのは、ほのかに明るくやさしい色合い「ペールトーンカラー」を基調に、誰もが「あの頃のわたし」に戻ってしまうような、淡く幻想的な世界を水彩画で表現されている、イラストレーター・きんいろひとでさんです。

「試しに」と描いていただいた木々も、「水筆」を使ってぼかしを入れると、立体的で、ぼんやりと浮かび上がってくるような不思議なタッチに。

デザインを考案する作業として、いくつも試し書きや、色づくりを繰り返します。

描き心地
水彩のように滲ませることができる「ABT」の特性を生かしたイラストを仕上げることに、こだわりたいたいと思いました。けれど、おどろいたのは水彩のように滲むけれど、シャープな輪郭線をしっかりと残すこともできること。これも特徴のひとつだと感じました。(きんいろひとでさん)

普段は水彩絵の具で作品を手がけている、きんいろひとでさん。水彩画では表現できない、そのシャープさの実現にも、ずいぶんと感激されたよう。

描き心地
水彩絵の具よりも、さらに滲みや色の混ざり具合をコントロールできるので、かなり計画的に作画することができたんです。滲ませずに色を置くことももちろん可能なため、水彩では描きづらい部分も、「ABT」だからできた表現がたくさんありましたね。(きんいろひとでさん)

たくさんのイラストが完成しました。どれもきんいろひとでさんの作風の魅力はそのままに、ふわりとやさしい滲みの表現もしっかりと活きています。

描き心地
データとして取り込んで、あとは作品に落とし込んでいきます。どんな仕上がりになるか、とてもたのしみです。(きんいろひとでさん)

そして完成したのが、まずは、おとぎ話の1ページのようなデザインの、3種のクリスマスカードたち。
それぞれ、左から『氷の王国のリース』『お庭が好きな女の子からのグリーティング』『冬の夜に 扉絵みたいなクリスマスカード』という物語を感じさせる素敵な名前が付けられました。

描き心地
定番のクリスマスカラーは使用せずに、自分なりのクリスマスのイメージを描くようにこだわり、やさしいペールトーンで滲みを利用しつつやわらかなテイストに仕上げ、たとえば右端のカードの枠は定規を使って描くなど、普段の水彩画ではなく、「ABT」だからこそ生まれたデザインだと思います。ドイツ語であしらった「メリークリスマス!」もこだわりです。(きんいろひとでさん)

ラッピングのタグとしても、ミニカードとしても使用できそうな、その名も『額縁の中の小さなクリスマス』。
手元にずっと置いておきたくなるような、かわいいフォルムと素敵なデザイン。受け取ったあとは、ブックマークなどにして活用するのもいいかもしれません。

描き心地
大人になっても少女のような心を秘めている、そして日々”ときめき”を探している…そんな方へお届けしたい、というコンセプトでどれも制作したので、そんなふうに大事にしていただけるとうれしいですね。(きんいろひとでさん)

そして最後は『深い森のクリスマスタグ』。まるでサシェのようなかわいいフォルムに、胸がときめきます。夜の森の風景を切り取った、静かなイラストでありながら、そこにも、おとぎ話のような、うっとりとさせられる魅力が。

そして、「木」を描く際のアドバイスもいただきました。

描き心地
「木」は、まず薄めの色で木の形をとって、塗りつぶします。そして、すこし濃い色、もしくはグレーで、影の部分を塗り、その中間を水筆でぼかすと、きれいなグラデーションになり、立体感が出ます。最初の色は、失敗しても誤魔化せるように、とにかく薄い色がおすすめです。(きんいろひとでさん)

どれも、とっても素敵なデザインですが、よく目立つところに飾っておきたい!というよりも、なんだか自分だけの宝箱に入れて、大切に仕舞っておきたくなるような。
「ABT」の持つ強みと見事に融合した、静かなときめきで胸がいっぱいになるようなクリスマスアイテムたちが完成しました。

「きんいろひとで」さんのギャラリーはこちら

何度も眺めて、笑みがこぼれる

次にご協力いただいたのは、立体的でユニークな作品を数多く手がけられている、イラストレーター兼デザイナーのrala designさんです。
まず取り掛かられたのは、葉や枝を1本1本描くところから。「グリーン」だけでも多くのラインナップが揃っている「ABT」だからこそ表現できる、深みや影。徐々に徐々に、見事な「森」が完成していきます。

描き心地
今まで、着彩にカラーペンを使う機会は少なかったのですが、ABTは水で滲ませることができる点や透明感のある発色が水彩に近い使い心地でとても使いやすかったですね。(rala designさん)

深い「森」だとばかり思っていましたが、これはもしかして…。
左下には、きらりと小さな星が輝いています。いったいなにが出来上がるんでしょう。

描き心地
絵の具と異なる点としては、絵の具は、塗った直後と乾いたあとですこし色が変化しますよね。しかし、ABTは塗った直後からほとんど色の変化がなくおどろきました。イメージ通りの色で表現、仕上げることができたのがうれしかったです。(rala designさん)

さらに「N52」を使用して胴体を描いているのは、かわいいペンギンたちです。重ねて塗ったときの滲みも、水彩画のような独特の風合いとなって、イラストの味わいに。
次々と、それぞれユニークなポージングのペンギンたちが完成していきます。
これをデータに取り込んで、グリーンと合成していくのだそう。

描き心地
クリスマスカードは贈り手もたのしみながら、そして何より受け取る相手にたのしんでもらうものだと思うので、どれも相手を思いやるイメージで「たのしんでもらえますように」「幸せな気分になってもらえますように」とモチーフを選んでいます。(rala designさん)

そして、完成したのがこのカードです。半透明の封筒からかすかに覗くイラストに、すでに心踊ります。

描き心地
「大げさではないのに特別感があって、何度も見ては微笑んでしまう」というコンセプトなので、ぜひここからたのしんでもらいたいですね。(rala designさん)

封を開けると、こんなカードが収まっていました。二つ折りを開くと、中にはメリークリスマスのメッセージが。たっぷりとスペースがあるので、想いもたくさん綴ることができそうです。
そして、切り取り線からゆっくりと切り離していきます。

三角形に組み立て、最後にちょこんと金色に輝く星を挿し込めば…

オーナメントでいっぱいの、クリスマスツリーの完成です。デザインは、「ペンギン」「ネコ」「トリ」の3種類。
それぞれの「森」のような、グリーンが生い茂ったツリーのあちらこちらで、かわいいどうぶつたちが、思い思いにぶら下がり、飛び回り、遊んでいます。

描き心地
今回は、イラストの味わいを感じてもらえるように、あえて「形」はシンプルに設計してみました。3種類のカードを揃えて、「小さな森」をつくってたのしんでもらうのもいいかもしれません。(rala designさん)

こんなところで自由に遊んでいる、先ほどのペンギンも発見。
ひとつひとつのオーナメントにも、立体感と光沢がしっかりと表現されています。
 
「N00」のカラーレスブレンダーの使い方についても、アドバイスをいただきました。

描き心地
オーナメントは、まさに「N00」を使って色を滲ませながら着彩しました。色に濃淡ができることで生まれる立体感です。色を滲ませて混色できるところは、やっぱり「ABT」の最大の特徴で魅力だと感じます。たとえば、2色の異なる色をとなりに配置し、2色が接する部分をN00のやわらかな筆状になっている方のペン先で滲ませるだけで自然なグラデーションができますし、この方法を虹のイラストに応用すると、発色良くグラデーションが美しい虹が描けると思います。ぜひ試してみてください。(rala designさん)

「rala design」さんのギャラリーはこちら

「贈る」ってなんだろう。

今回ご協力いただいた、rala designさんがとても素敵なことをおっしゃっていました。

「インターネットのコミュニケーションが発達すればするほど、“わざわざ紙に書いて伝える”という行為は、“大げさで、愛にあふれた、特別な行為”になりますよね」。

書くことも、描くことも、それを手元に「送る」ことも。
なんだかすこし非日常で特別な、だからこそ、とても意味のある大切な行為になってきたのだと思います。

「手描き」だから伝わるものを

どんな表現も思いのままに、そしておどろきの表現までたのしめてしまうグラフィックマーカー「ABT」。

「当たり前」の大切さを知る1年でした。そんな締めくくりには、いつもとはちがう、ちょっと「特別」な表現で、大切なひとに想いを贈ってみませんか。
「手描き」に込めるのは、時間や手間だけではありません。

誰にも、やさしいクリスマスが届きますように。

作家さん監修の「ABTセット」が、まもなく登場

きんいろひとでさん、rala designさんが作品で使用した「ABT」のカラーを、セットで購入することができます。
12月初旬より発売開始。(詳細は、近日中にこちらの記事でもご案内します)
冬のものづくりに、ぜひお役立てください。

ABT
アートシーンを牽引するデザイナーたちに支持され続ける「筆+細字」のツインタイプ・グラフィックマーカー。水彩画のような表現やハンドレタリングまで思いのまま。
詳細はこちら
文 / 中前結花   撮影 / 真田英幸
企画・ディレクション / 中村瑛美里・中前結花