コレクターズ vol.8「わたしの、マスキングテープコレクション」

ひとつ、ふたつ、と集めるうち、気づけばたくさんの数に囲まれて暮らしている。人にはそれぞれそんな「何気ないコレクション」がある気がします。今回ご紹介するコレクターは、同僚のやぎちゃん。マスキングテープが大好きで、工場見学のために岡山県の倉敷まで出向いたことまであるんだとか。並べてみると、こんなにたくさん。

気づけば増えているコレクション


大きなボックスを抱え、「ちょっと少なかったかな…」と言いながら、マスキングテープを取り出してくれる、同僚のやぎちゃん。次から次へと出てくる、色とりどりのテープたちの数に驚きます。その数、なんと40個以上がコロコロとテーブルの上に集まりました。

「おうちには、いくつぐらいあるの?」と尋ねると、「数えたことはないんですが…、きっと300ぐらいはあると思います」とのこと。「やっぱり、もっと持ってきた方がよかったですか?」という言葉には、慌てて「充分、充分」と答えました。

いつ頃から、集めてるんですか?

やぎちゃん
たしか、5〜6年ぐらい前だと思います。普段は透明の引き出しの中に入れて収納しているんですけど、すぐにパンパンになってしまって。
 
わたしもよく買ってしまうし、「マスキングテープをなんとなく集めてる…」という人は、結構多いと思うんだけれど、その年数でその数はなかなかのコレクターなんじゃないかな。

やぎちゃん
「いいなあ」と思うデザインに出会うと、すぐに買ってしまって。気づけば、こんなにいっぱいになっていました。
 
なにか、集めはじめる「きっかけ」はあったんですか?

やぎちゃん
もともと文具が好きだったこともあって、友だちが誕生日に「好きそうだから」ってマスキングテープをプレゼントしてくれたんです。「こんなに、かわいいデザインのものがあるんだ…」とすごく気に入って。それからきっと意識するようになったんだと思います。かわいいマステが、いろんなところで目につくようになって。
 
いつしか、コレクションするようになってたんだね。

やぎちゃん
いくつか買いはじめると、収集欲が出てきてしまって。あれもこれも、と集めるようになりましたね。

マスキングテープの使い道


デザイン性の高いものが本当に多いから、逆にシンプルなものが目を引いたりして、おもしろいですね。

やぎちゃん
そうですね。場所を選ばず、なんにでも使えて便利なので、結構、無地のものは重宝しているかもしれません。
 
「場所を選ばず」か。どんな使い道がいちばん多いの?

やぎちゃん
友だちにプレゼントをあげるときとかですかね。ラッピングに使ったりします。ペーパーバッグの口の部分をちょっと閉めるぐらいでも、すごくかわいくなるんですよね。
うんうん。ちょっと貼るだけで、ずいぶん印象が変わるもんね。だけど…、その使い方だと、マステの出番は…少なくない?

やぎちゃん
そうなんです!(笑)こんなにあるのに、なかなか活用できていなくて。だから今年からは、「ほぼ日手帳」をデコレーションするのに使いたいと思ってて。2020年は。
 
じゃあ、今年からはいっぱい使ってるんだ。

やぎちゃん
それは、まだこれからなんですけど、がんばります!
 
(すでに、2020年は2週間ほど経過している気がするけれど)うん、これからか。そうだね、そうしましょう。

「記念になるもの」


これは(手前)東京駅がモチーフ…?

やぎちゃん
そうなんです。いろんな、場所やメーカーさんとコラボしているものも好きで、そういうものもよく集めています。「マステ好き」を知っている友だちが、旅行のお土産として買ってきてくれることもあって、そういうのもうれしいです。
 
そうか、お友だちもコレクションに協力してくれてるんですね(笑)。この太巻きのもの(右奥)は、まさに「minne」とのコラボですね。

やぎちゃん
「minne柄のマステ」はやっぱりすごくうれしくて。ずっととってありますね。

こっちのデザインもおもしろいですね。見たことのないものばかり。

やぎちゃん
よく美術館のミュージアムショップで買ってしまうんです。ここに並べてるのは、『ミュシャ展』『大塚国際美術館』あとは『雅叙園」のミュージアムで買ったもので。
 
アートとのコラボもあって、すごく豪華だね。じゃあ、ミュージアムショップでは、いつもマステを探しちゃうんだ?

やぎちゃん
そうですね。「行った記念になるもの」として、買っているような感じでしょうか。
 
ああ、わたしは美術館ではポストカードを毎回3枚買うんです。

やぎちゃん
ああ、きっと一緒です。そういう気分ですね。「来たから、買わないとな」という。
 
なるほど、それはすごくわかるなあ。

個性的なデザインが集まる


こっちもおもしろい。あ、このキャラクター(右側、上段)は「おひげのポン」?

やぎちゃん
そうですそうです。この4つはminneで買った作家さんの作品ですね。他にもたくさんあるんですけれど、今日はこれだけ。個性的なデザインのものがたくさんあるので、ついつい欲しくなってしまいますね。
 
ゲームウォッチみたいなデザイン(右側、下段)もかわいい。ほかには無いようなおもしろいデザインがたくさんありますもんね。眺めてるだけでたのしくなるなあ。
 
・「KNOOPWORKS」さんのお年賀マスキングテープ

・「KNOOPWORKS」さんのThank youテープ

・「ohigenopon」さんのおひげのポンA

・「モノアイデアラボ」さんのレトロゲームのテープ

マスキングテープの旅


白地にデザインされたものって、すごくかわいいですね。この4つはどこで買ったもの?

やぎちゃん
これは、岡山の倉敷ですね。
 
これも、旅行の記念に買ったもの?

やぎちゃん
それが、マスキングテープのブランドの「mt」の工場見学※のツアーで倉敷まで行ったんですよ。そこで買ったもので。

※ 毎年、岡山県倉敷市の「カモ井加工紙株式会社」で行われている人気ツアー

なんと、マスキングテープのための旅行だったんですね!

やぎちゃん
そうなんです。このボックスに入ったマステは、そのホテルの部屋に記念品として置いてあって。めちゃくちゃうれしかったですね。これも思い出深い、大事なコレクションです。


これからも、日々に寄り添うもの


これからも、まだまだ増えていきそうですね。
やぎちゃん
そうですね。本当にたくさんのデザインのものが出ているので、これからもきっと集め続けてしまうと思います…。

ほぼ日手帳のカバーも、まさに「mt」とのコラボデザインのものですね。そして、2サイズも…!

やぎちゃん
今年はがんばって続けます。まずは、始めないといけないですね。
 
そうだね、まずは1日やってみるところから。あっという間に過ぎちゃうもんね。
 
(来月、また様子をうかがってみようと思います)

やぎ
文具が大好きなminneスタッフ。紙モノや変わったペンを、ついつい集めすぎちゃいます。
 
取材・文 / 中前結花  撮影 / 真田英幸

【連載】コレクターズ