コレクターズ vol.5「わたしの、シルバー&ゴールドコレクション」

ひとつ、ふたつ、と集めるうち、気づけばたくさんの数に囲まれて暮らしている。人にはそれぞれそんな「何気ないコレクション」がある気がします。今回ご紹介するコレクターは、同僚のエミリーちゃん。うんと歳下ですが「これ、どう思う?」「これ、変じゃないかなあ?」とついつい聞いてしまいたくなるセンスの持ち主で、シルバーやゴールドのシンプルなアクセサリーがとっても似合います。そんな彼女のアクセサリーコレクションを見せてもらいました。並べてみると、こんなにたくさん。

気づけば増えているコレクション

とってもお洒落で、見ているこちらが自慢したくなってしまうような同僚がいます。名前は、エミリーちゃん。身につけているのは、いつもシンプルでちょっとかっこいいアクセサリー。

いっぱいあるね。お店みたいになっちゃいました。

エミリーちゃん
シルバーや真鍮のものを中心に、たくさん持ってきました。家でも、こうやって並べられればいいのに。

普段はどうしてるの?

エミリーちゃん
アクセサリートレイに置いたりはしてるけど、こんなに綺麗には並べられてなくって。整列させると、好きなテイストがよくわかっておもしろいですね。

ゴールドか。シルバーか。

まずは、これが気になりました。なんだか男前だね。

エミリーちゃん
「チープカシオ」が好きなんです。毎日、身につけるアクセサリーを決めるとき、まずは「ゴールドにするか、シルバーにするか」を考えてから決めるので、時計もそんな要領で選んでいます。
 
時計もしっかりアクセサリーの一部なんですね。

シンプルながら、個性的なデザインのピアスがずらり。
 
ゴールドかシルバーか決めたあとはどうするの?
エミリーちゃん
そのあとは、服の“ボリューム”で決める。
 
ボリューム?

エミリーちゃん
主張具合ですかね。シンプルな洋服のときは、大ぶりなものや個性的なデザインのアクセサリーを選ぶんです。逆に、個性的だったりデコラティブな洋服のときは、シンプルなものを選びます。最近は、シンプルなファッションが多いので大ぶりのアクセサリーが気に入っていたりしますね。
 
バランスを見て、華美になりすぎたりしないようにしてるのか。そういえば、「選び方」について、ちゃんと考えたことがなかったなあ。みんな、そんなふうに決めてるのかしら。

・「monoclear」さんの螺子(ねじ)のピアス

忘れられない贈りもの

「ゴールド」の魅力ってどういうところでしょう?

エミリーちゃん
日本人の肌にすっと馴染む感じが、すごく好きですね。それに、ひとつでもしっかり華やかな印象になるところも惹かれるポイントでしょうか。なんだか「大人の女性になれた感じ」もするし。
 
たしかに。サンドイッチのピアスも、子どもっぽくなりすぎないね。

エミリーちゃん
そうなんですよ、これもお気に入りです。薬指のリングは、ワークショップに参加して自分でつくったもので。
 
彼氏とお揃いの。ああ、三角のネックレスもプレゼントでしたね。

エミリーちゃん
そう、付き合って2回目の誕生日にもらいました。最初はちっとも好みじゃないプレゼントをもらって困ってましたけど、このプレゼントをもらって「ああ、わかってくれている…!」ってすごくうれしくなったのを覚えています。
 
わたし、その話大好き(笑)。

・「NAKAYOSHI RIBBON」さんのサンドイッチのピアス
・「minigram」さんのかさねるリング

愛情を継ぐもの


「シルバー」も、また違った魅力がありますよね。
エミリーちゃん
そうですね。最近は黒髮にしてるんですけど、髪色にも合うのですごく重宝していますね。飽きがこないし。
 
永く愛用できる、というのは大事だよね。ネックレスもリングもシンプルなデザインで素敵。

エミリーちゃん
わたしの父は、結婚記念日に「記念日」と「イニシャル」が刻まれたリングを母に贈るんです。それを「いいね、素敵だね」とわたしが話したら、ずいぶん前の記念日のリングをくれました。真ん中の2つ。
 
あら、思い出のリングなのに、気前がいい…(笑)。
エミリーちゃん
おかげで両親の記念日は忘れないです(笑)。
 
さりげないリングに、お父さんの愛情とお母さんの愛情が詰まってるんだね。

個性光るリング


個性的なデザインもまたいいですね。知恵の輪みたいでおもしろい。

エミリーちゃん
これも気に入ってますね。あとは、犬のデザインのリング。これは、おばあちゃんがくれたんですよ。小さい頃、わたしが「いいなあ」って欲しがってたそうで。去年思い出したようにくれました。すごく大事にしています。

・「PLUS」さんの真鍮とシルバーのリング

末永く、大切に。


そして、真鍮、シルバーに共通しているいちばんの魅力は、「経年変化をたのしむことができるところ」なんだとか。

エミリーちゃん
気に入ってずっと使っていると、徐々に「わたしに馴染んでいってくれているなあ」って、ちゃんと感じることができて。だから、一層、大事にしたくなるんだと思うんですよね。
 
そういうものなんだねえ。身につけるのも、手入れするのも、すごくたのしんでるところがいいなあと思いました。

エミリーちゃん
生活の一部だし、趣味みたいなものかもしれません。

エミリー
メンズライクなアクセとユニークな作品収集が趣味のminneスタッフ。休みの日はハンドメイドイベントによく出没します。
 
取材・文 / 中前結花  撮影 / 真田英幸

【連載】コレクターズ