長編小説「カルミラ族の末裔」

長編小説「カルミラ族の末裔」
価格:1,296円10人以上が購入しました

※ 販売をお休みさせていただいております。

お買い物の前に必ずminneお客様規約をご確認ください。

◇小説を印刷所で本という形にし始めて今年で10年。
刊行10年記念と銘打ち、書き上げた長編小説です。
解説を「おはなしの喫茶室」かくらこう様に執筆していただきました。
◇セットの本には物語に登場する菫を咥えた鴉の封蝋を模したラベル〈黒〉ナンバー入りで封をしています。

◇物語
19世紀末、屋根裏で見つけた白い書を持ってベリイ女学校に入学したペネロピー・ザヴィアーは、
夏至の夜、時計塔に隠れ住むリデルに出逢う。
リデルは、対のような赤い書を持ち、不思議な仲間と暮らしていた。
交流を持つうち、共感を深めるふたりだったが、リデルには不可解な点がいくつもあった。
ペネロピーによって書き進められる白の手記と、リデルによる赤の手記が織り成すゴシック・ロマンス。

◇B6判
◇二段組
◇168頁
◇表紙:真紅の紙×黒&金の印刷+赤の箔押し
◇遊び紙:薄い菫色のトレーシングペーパー
◇単色カラー(赤系)
◇2017年5月7日発行
◇発行部数300

もっと読む
  • 長編小説「カルミラ族の末裔」
  • 長編小説「カルミラ族の末裔」
  • 長編小説「カルミラ族の末裔」
  • 長編小説「カルミラ族の末裔」
作品情報
在庫数6 冊サイズB6版 ◇168頁
配送方法・送料
配送方法配送エリア・備考送料追加送料発送までの目安
クリックポスト全国一律164円(0円) 7日後

※[発送までの目安]は、minneでの入金確認が完了してから作品が発送されるまでの予定日数です。

お支払い方法

今すぐご利用いただけるお支払い方法

クレジットカードIc payment card visaIc payment card masercardIc payment card jcbIc payment card amexIc payment card dinersIc payment card discover
キャリア決済Ic payment docomoIc payment au
Apple PayIc payment apple pay※MasterCard・JCB・AMEXがご利用いただけます

ログインするとご利用いただけるお支払い方法

コンビニ払いIc payment conveni sevenelevenIc payment conveni familymartIc payment conveni lawsonIc payment conveni ministopIc payment conveni circlekIc payment conveni sunkusIc payment conveni seicomart
ゆうちょ振替Ic payment yucho
銀行振込Ic payment bank

◇ナンバーは画像のものと異なります。
◇ご覧の環境により、お品の色味が実物と若干異なる場合があります。
◇お届けは、お住まいのポスト投函です。

価格:1,296円10人以上が購入しました

※ 販売をお休みさせていただいております。

お買い物の前に必ずminneお客様規約をご確認ください。

◆mille-feuille◆


mille-feuille

書物と手紙用品

mille-feuille

(2)

◆2017/9/11~11/下旬までお休みいたします。 ※最新情報はTwitter@itoyumille

[ 全 2 件 ]

中編小説「新装版/寄宿舎の秘密」

中編小説「新装版/寄宿舎の秘密」

このたびはありがとうございました。 いつもながら領収書や包装など、細部にいたるまでに神経がはりめぐらされた美しい心配りに、こちらの神経もぴんと調律していただくような気持ちです。わたしの名刺代わりとして親しいひとたちに配らせていただいているこの『寄宿舎の秘密』――わたしが一時おあずかりしてふさわしいひとのもとに届くように、そしてわたしがこのご本に栄養をあたえていただいたように、まだこの物語を知らないかたのいつかの薬に(それは毒にも栄養にもなる薬です)なることをお祈りして。 この物語の甘美さは読まなければつたわらない。ぜひこの物語を必要としているかたの、ひとりでも多くのかたに届きますように。

レビューありがとうございます! 細部まで楽しんでいただき嬉しく思います。 mayunotuki様の親しいかたたちお一人お一人に ふさわしい物語であることを祈ります。 すこしずつ、けれども確かに、 繋がり広がりゆくこと、とても感謝しています。

中編小説「新装版/寄宿舎の秘密」

中編小説「新装版/寄宿舎の秘密」

本日無事に到着いたしました。去年のいまごろこのご本に出逢ったとき、「これはわたしの物語だ」とつよく思い、本書の少女や乙女たちにとても支えていただきました。それからというもの「これはわたしです」という自己紹介がわりに、わたし自身の「名刺」として『寄宿舎の秘密』を親しいひとたちにお贈りするのが習慣となっています。ミルフィーユさんの甘さと儚さがその名のとおりミルフィーユされている文章、そして物語の魅力をお読みになれば、「寄宿舎」「秘密」「少女」というキイワードが胸に響く方なら、きっとその魅力のとりことなってしまうはず。まだこのご本を読んだことのない少女や乙女の手に渡ることを祈って。

mayunotukiさま レビューありがとうございます。返信が遅くなって申し訳ありません。 初めてのレビューに慣れていなくて今日気づきました。 名刺がわりにするほど本書を気に入っていただき、光栄です。 ご友人がたへのたくさんのご購入、たいへん感謝しています。 私の本が誰かの支えになるということが、私の支えにもなります。 いつもありがとうございます。 これからもどうぞよろしくお願いいたします。

パスワードを忘れた方はこちら