サクッとおいしい「プレーンスコーン」の簡単レシピ

朝食やおやつに楽しむ「スコーン」。実はシンプルな材料で簡単に作れるんです。そこで、外はサクッ中はしっとりとバターの風味が広がる基本のスコーンの作り方をご紹介します。

簡単!プレーンスコーンの作り方

ほんのりとした甘みとバターの香りで、口いっぱいに幸せが広がるお菓子「スコーン」。おやつや朝の軽い食事にもぴったりです。寒い日は焼き立てのスコーンと温かい飲み物で癒しの時間を味わいたいですね。今回はシンプルな材料で簡単にできるプレーンスコーンを作ります。

必要な材料

スコーンの材料はとてもシンプル。今回は直径4センチのスコーンが12個ほどできあがる材料で作っていきます。バターが好きな方は10gほど増やすと、よりバターの風味を感じられますよ。

・薄力粉 200g
・バター 60g
・砂糖 40g
・牛乳 100ml
・ベーキングパウダー 9g
・塩 少々

1.バターをカットし、粉類をボウルに入れる

まずは、バターを1センチ角のサイコロ状にカットします。その後冷凍庫で30分ほど冷やしておきましょう。

バターを冷やしている間に、薄力粉、砂糖、ベーキングパウダー、塩をボウルに入れ、よく混ぜます。時間があればこちらも冷凍庫で30分ほど冷やしておきます。

2.ボウルにバターを入れ、粉類と混ぜ合わせる

ボウルにバターを入れ、手で混ぜ合わせていきます。バターを粉と一緒にすりつぶすような感覚で進めます。

バターと粉が合わさり、全体的にサラサラ・ポロポロとした感触になったら混ぜるのをやめます。

3.ボウルに牛乳を入れ、さっくり混ぜ合わせ、まとまるまで数回こねる

ボウルに牛乳を加え、ヘラなどでさっくりと混ぜ合わせます。

手のひらである程度まとまるまで数回こねます。

4.めん棒で伸ばす

まな板などの台に打ち粉をし、めん棒でやさしく伸ばしていきます。

半分に折りたたみ、もう一度めん棒で伸ばします。これを5回ほど繰り返しましょう。

ラップで包み10分ほど冷凍庫で冷やします。この間にオーブンを200度に温めておきます。

5.クッキー型などでくり抜く

冷やした生地を取り出し、もう一度折りたたみ2〜3センチの厚さになるように伸ばします。クッキー型などを使い、生地を丸くくり抜いていきます。型の内側に薄力粉を薄く付け、すばやくくり抜きましょう。

6.オーブンで焼く

くり抜いた生地の表面に薄く牛乳を塗ります。焼き色がきれいに付きますよ。

200度に予熱したオーブンで15分焼いたらできあがり。表面の色が薄いときはもう数分追加で焼きましょう。

スコーンを上手に膨らませるコツ

スコーンがしっかりと膨らむことを腹割れといいます。この腹割れを作るコツは、できるだけ材料を冷やしておくこと。バターを冷凍庫で冷やすのもそのためです。温かくなってしまう前に材料を混ぜ合わせましょう。また材料は混ぜすぎないようにするのもポイントです。

スコーンのアレンジレシピ

シンプルなプレーンスコーンはそのまま食べてもほんのりとした甘さとバターの風味が楽しめますが、お気に入りのジャムを付けて好みの味にするのもおすすめです。また、スコーンによく合うクロテッドクリームを合わせると、より贅沢な味になるので試してみてください。

クッキー型がない場合は、包丁で6〜8等分にカットするのもおすすめです。無駄なく全ての生地を使うことができ、時間も短縮できます。

minneでスコーンをお取り寄せ

左・famfamさんの「リッチハニースコーンセット」、右・砂塚のスコーン屋さん 千 −せん−さんの「甘栗のまーぶるスコーン

minneにもおいしいスコーンがたくさんあります。ぜひお気に入りを見つけてみてくださいね。

minneで「スコーン」を探す