コットンとは?生地の特徴やお手入れのコツとおすすめ作品15選

肌触りや通気性がよく、オールシーズン活躍してくれるコットン素材。生地の特徴や取り扱いのポイントから、おすすめのファッションアイテムまでご紹介します。

コットンと綿の違いとは?


mamemonaさんの「コットンフラワー5個セット

コットンと綿は同じものです。「コットン」とは、「綿」を意味する「cotton」をカタカナで表記したもの。
また、オーガニックコットンと呼ばれているのは、原料の段階では違いはないものの、一般的なコットンと違い、化学肥料や農薬に頼らずに自然の恵みのみで栽培した「有機栽培」によるコットンのことを指します。

コットンの特徴

わたしたちの生活の中でもっとも馴染みがあるとも言われる万能素材・コットン。そんなコットンの、主な特徴を5点ご紹介します。

cocococoさんの「Organic Cotton&linen Wガーゼコンパクトシーツ

吸水性・通気性に優れている

繊維の中が空洞になっており、風を通しやすく、いつまでも心地よい肌触りを保ってくれます。また、吸水性にも優れているので、汗をかいてもよく吸収し、ムレにくいのが魅力。

保温性が高い

吸水性・通気性の良さから夏場は涼しく保ってくれるのに対し、冬場は、保温性の高さを発揮し、暖かさを保ってくれるという嬉しい特徴があります。

滑らかで柔らかい肌触り

コットンはもともと種子を守る繊維なので、肌に触れても不快感のない繊細な質感をしています。肌の弱い赤ちゃんやお年寄りでも、安心して身につけることができる素材です。

水や熱に強く、丈夫

ミトンやふきんなどにも使われるほど、熱や水に強いコットン素材。自宅でも手軽に洗濯できるだけでなく、アイロンもかけやすいので、日常生活に取り入れやすい素材なんです。

染色しやすく、発色が良い

コットンは、さまざまな染め方ができる素材なので、カラーのバリエーション展開がしやすいという特徴もあります。染料も吸収しやすく、発色性にも優れています。

コットンの取り扱いと洗濯のコツ

普段何げなく洗濯しているコットン素材。気づいたら、生地が縮んでいたり、襟ぐりが伸びてしまっていませんか?改めてお手入れのポイント・コツについてチェックしてみてくださいね。

babybonoboさんの「ほんわか小花のレース生地

同じコットン100%でも、糸のより具合や編み方によって洗濯方法が変わります。まずは洗濯表示を確認し、自宅で洗えるかを確認しましょう。

洗濯機を使う場合

普段使っている洗濯洗剤を使い、洗います。傷んでしまわないか心配な場合は、洗濯ネットを使うといいでしょう。

手洗いの場合

洗面器に水を張り、洗濯洗剤かおしゃれ着用の洗濯洗剤を混ぜて洗剤液を作ります。洋服を洗浄液に浸し、手で押すように洗ったら、水を入れ替えながら泡が出なくなるまですすぎます。最後に洗濯ネットに入れ、5~10秒ほど脱水します。


干し方のコツ

脱水が終わったら、なるべく早く干すようにしましょう。干すときに、シワを伸ばすようなイメージで上から下に強く振り、干した後はシワを伸ばすように軽くたたきましょう。
生乾きになるのを防ぐために、服と服との間は20cm以上あけ、風が通り抜けるようにしておくこともポイントです。

コットンを使ったおすすめ作品15選

ここからは、minneで見つけた「コットン」素材の洋服をいくつかピックアップしてご紹介します。

オールシーズン楽しめる「コットンワンピース」

さらりと着こなしたい、軽やかなコットン素材のワンピース。1枚でも決まる、主役級のアイテムを集めてみました。

大切な日に身につけたい

gardenofgraceさんのホワイトコットンのビッグスリーブ シャツワンピ

高品質のコットンをたっぷり使い、リッチなシルエットに仕上げられたドレスワンピです。ウエストにはゴムが入っているので、自然とスタイルアップが実現。

作品を見る

鮮やかなブルーが目を惹く

AZ-U ELEGANCEさんのパフスリーブのギャザーワンピース

シンプルながらもパフスリーブやギャザーデザインなど、細部まで女性らしさが散りばめられたデザイン。夏はさらりと1枚で着こなしたいアイテムです。

作品を見る

さりげなく個性がキラリ

make-aiさんのコットンレースシャツワンピース

アシンメトリーなスタンドカラーが個性的なワンピースです。ボタンをわざとずらして留めても、スタイリッシュに仕上がりますよ。

作品を見る

着心地のいいゆるシルエット

melumoさんのブラックののワンピース

軽やかなコットン素材と、ゆったりとしたシルエットが楽ちんな着心地を実現。レギンスや靴下を合わせて楽しむのもよさそうですね。

作品を見る

ナチュラルな風合いの「コットンシャツ」

コーディネートしやすいシンプルなシャツを集めてみました。今年のお気に入りの1枚を見つけてみてくださいね。

涼しげなフレアスリーブ

alcedoさんのコットンフレアブラウス

ガーリーなフォルムながら、コットンならではのナチュラルな質感で大人感を演出したブラウス。帽子やネックレスなど、小物で味付けしてもGOOD。

作品を見る

オンオフ問わずマルチに活躍

anvaiさんの小粋シャツブラウス

前後にほどよい丸みを生み出した、立体パターンを採用。フロントのボタンを開けて、羽織としても活用することができます。

作品を見る

透け感のある袖がアクセント

minimatoiさんの透けpointのあるコットンワッシャーシャツ

糸ムラの少ない美しい仕上がりが特徴的な高級綿糸“コーマ糸”で織られたコットン素材を使用。袖部分の透け感が、こなれ感を演出してくれます。

作品を見る

肌にやさしい「コットンマスク」

ファッションアイテムの一部のように身に着けたいマスク。どんな洋服にも合わせやすいデザインのものをご紹介します。

嬉しいノーズワイヤー入り

nocoさんのシャーベットカラーのコットンマスク

淡いグリーンのテープがアクセントになった、爽やかなデザイン。アイロンがけが不要なのも嬉しいポイントですね。

作品を見る

染めで表現された絶妙カラー

SAKURA堂 storeさんのオーガニックコットンマスク

オーガニックコットンを使ったアクセサリーを制作されているSAKURA堂 storeさんの作品です。紐部分は結んで調整することができます。

作品を見る

じゃぶじゃぶ洗える「コットンエコバッグ」

今や持ち歩くのが当たり前になったエコバッグ。デザインはもちろん、持ち運びやすさにも注目しながら、選んでみてくださいね。

名入れ可能なオーダーバッグ

ししゅう kabuさんの名入れ刺繍エコバッグ

形違いのエコバッグが2つセットになった作品です。名入れが可能なので、プレゼントにもよろこばれそうですね。

作品を見る

シンプルで使いやすい

nuunoさんのエコバッグ

思わず日常使いしたくなる、シンプルさが魅力的。ストライプ柄の内ポケットに折りたたんで収納できるので、持ち運びにも便利。

作品を見る

インパクトのあるバナナ柄

ブルーバナナスタンドさんのマルシェバッグ

パッと目につく、ユニークなバナナ柄。肩にかけやすいように、持ち手をまとめてワンハンドルにできる仕様になっています。

作品を見る

使いみちいろいろ「コットン100%の生地」

色や柄、厚みなども豊富なコットン生地。カーテンやテーブルクロスなどとしても活用することができますよ。

透け感のあるやわらかな素材

babybonoboさんのほんわか小花のレース生地

まるで絵本の1ページのような、かわいらしい小花柄。透け感が美しいので、カーテンなどにも活用できそうですね。

作品を見る

刺繍の花束が並んだデザイン

select fabricさんの刺繍生地

思わずうっとりと見惚れてしまう、やさしく繊細な刺繍デザイン。select fabricさんのオリジナル生地なので、他とかぶらないのもうれしいですね。

作品を見る

存在感のあるモロッカン柄

meiさんのモロッカン柄の布生地

モロッコの建築物などで使われる、タイルで作られた幾何学模様「モロッカン」柄。扱いやすいシーチング素材なので、ものづくりに最適です。

作品を見る

扱いやすく、デザインも豊富なコットン素材。minneには他にもたくさんの素敵な「コットン」素材のアイテムがありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

minneで「コットン素材」を探す

 
こちらの記事もあわせてご覧ください。