作品レシピ

ドライフラワー基本の作り方4点とバラを使ったおしゃれなアレンジ方法

お手入れが楽で生活を華やかにしてくれる「ドライフラワー」。そんなドライフラワーの基本の作り方やアレンジ方法を分かりやすく解説します。インテリアやプレゼントとしてもおすすめな「ドライフラワー」を自分で作って楽しみましょう。

ドライフラワーとは

JUJU FLOWERS さんの「white brownのドライフラワーブーケ」

ドライフラワーとは、植物の花、葉、茎、果実などを乾燥させたものです。ヨーロッパ北部で冬の室内装飾として作られたのが始まり。イギリスでは、ビクトリア朝時代にフラワー・アレンジメントが流行し、広く親しまれるようになりました。日本に普及したのは、1960年代半ば以降といわれています。

プリザーブドフラワーとドライフラワーの違い

プリザーブドフラワーとドライフラワーはどちらも長期保存できる観賞用の草花ですが、作り方や仕上がり、保存期間に違いがあります。プリザーブドフラワーは、生花や葉を特殊な液に浸し水分を抜いて作ります。特殊な液には保湿成分や色素などが含まれているため、みずみずしく鮮やかに仕上がり、保存期間を長くすることが可能です。一方、ドライフラワーは水分を抜いて乾燥させて作ります。そのため、退色しやすく淡い色味に仕上がります。乾燥が進むと葉や花びらが落ちるため、保存期間はプリザーブドフラワーよりも短いのです。

ドライフラワーはなぜ人気?その魅力とは?

ドライフラワーは、生花と違い、水やりや水替えなどのお手入れが不要なので手軽なインテリアとして人気です。花瓶に入れたり、ブーケにしたりとアレンジ方法もさまざま。花と紐があれば初心者でも簡単に作ることができ、きれいな草花を長く楽しめます。好みの色や花の種類で、お部屋のインテリアに合うオリジナルのドライフラワーを作ってみるのも素敵です。

ドライフラワーの魅力
・毎日のお手入れが必要ない
・簡単に作れる
・きれいな草花を長く楽しめる
・落ち着いた雰囲気が素敵なインテリアになる
・アレンジ方法がたくさんある

ドライフラワーはプレゼントとしても人気です。おすすめのドライフラワーを紹介している記事もあわせてご覧ください。

ドライフラワーの4つの作り方

ンミュッゲさんの「042 ドライフラワー ミニミニブーケ」

ドライフラワーの作り方には、使用する花材の特徴などによってさまざまな方法があります。ドライフラワーを扱うminne作家のンミュッゲさんに代表的な次の4つの作り方を教えていただきました。また、葉っぱや木の実がついた枝におすすめなグリセリンを使用した作り方もあわせて解説します。

1.吊るすだけで簡単「ハンギング法」……初心者におすすめ
2.色鮮やかに仕上がる「シリカゲル」……ひまわりなど水分の多い花におすすめ
3.飾るだけでOK「ドライインウォーター」…アジサイなどふんわりした花におすすめ
4.グリーンにおすすめ「グリセリン」……葉っぱや木の実がついた枝におすすめ

ンミュッゲ
スワッグやリース、ブーケなどドライフラワーを使った作品を制作。
https://minne.com/@ariyuk47

1.吊るすだけで簡単「ハンギング法」

ンミュッゲ
ハンギング法の特徴は、茎をつけたまま自然な咲き姿に近い状態で残せることです。花を逆さにして、直射日光の当たらない風通しがよく涼しい場所に吊るします。大体1~2週間ほどで完成します。

2.色鮮やかに仕上がる「シリカゲル」

ンミュッゲ
花びらの多い花(ビオラやクレマチスなど)におすすめなのがシリカゲル法。花びらの色や形そのものをきれいに残しやすいことが特徴です。密閉容器にドライフラワー用のシリカゲルを入れ、茎を短く切った花をその上に置き、さらに上からシリカゲルをやさしくかけます。その後、容器を密封して1週間ほどで完成です。

3.飾るだけでOK「ドライインウォーター」

ンミュッゲさんの「021 ドライフラワー スワッグ ブルーファンタジア」

ンミュッゲ
ドライインウォーター法は、丸い形やふんわり感を大切にしたい花(アジサイやかすみ草など)に向いています。茎や枝が曲がりやすい植物は、ドライになるまでに首が曲がるため避けましょう。少量の水(1~5cm)を入れた花瓶にお花を挿したら、風通しの良い場所に置き、すこしずつその水分を蒸発させていきます。1~2週間ほどで完成します。

4.グリーンにおすすめ「グリセリン法」

グリセリンとお湯を混ぜた“グリセリン溶液”に花材を浸してドライにしていく方法。グリセリン法は「グリセリンに花材を浸ける方法」と「花材にグリセリンを吸い上げさせる方法」の2通りあります。葉っぱや木の実がついた枝に適しているといわれています。

【グリセリンに花材を浸ける方法】
容器にグリセリン1:熱湯3の溶液を入れ、葉や実をグリセリン溶液に浸します。ホコリが入らないようラップなどで蓋をして1週間ほど経ったら、よく吹いて乾燥させれば完成です。

【花材にグリセリンを吸い上げさせる方法】

グリセリンとお湯を1:3の割合で混ぜ、液体が十分に冷めたら用意した花瓶に注ぎます。次に、花を差します。このときに液体を吸い上げやすいように茎に切り込みを入れるのがポイントです。花びらや葉の表面からグリセリンが染み出てきたら完成。7日〜10日が完成の目安です。

ドライフラワーにしやすいおすすめの花・グリーン

ンミュッゲさんの「035 ドライフラワー プレゼント」

ドライフラワー作りの初心者の方にもおすすめの、ドライフラワーにしやすい花材についてンミュッゲさんに教えていただきました。ぜひ参考にしてみてください。

ドライフラワーにしやすい花材
・バラ
・ユーカリ
・かすみ草
・ミモザ
・パンパスグラス
・スモークツリー
・ラベンダー
・スターチス
・百日紅(サルスベリ)

ンミュッゲ
基本的に、お花やグリーンそのものにあらかじめ水分量が少ないものは乾燥させやすいため、ドライフラワーに向いています。花びらや葉の大きいものだと、バラやユーカリ、小さな花のものだと、かすみ草やミモザ、グリーン系ならパンパスグラスやスモークツリーがいいでしょう。
ラベンダーやスターチス、百日紅は生花が鮮やかな分、ドライフラワーにしたときにまた違った雰囲気を楽しめるおすすめの花材です。

【プロに教わる】バラとかすみ草のやさしいドライフラワーの作り方

今回、ンミュッゲさんには人気の「かすみ草」と「バラ」を用いて、ハンギング法でドライフラワーを作っていただきました。その手順を詳しくご紹介します。

手順1.水揚げをして開花させる

ンミュッゲ
お花を購入後、まずは「水揚げ」を行います。水揚げとは、茎が水を吸収しやすくなるよう手助けする作業です。水の中で茎の先端から数cmのところを花ばさみで斜めにカットします。

手順2.茎、枝、葉をカットする

ンミュッゲ
蕾が完全に開いたら、花ばさみで茎を好みの長さに切ります。
重なっている葉や紐を結ぶ位置にある枝や葉も一緒にカットしましょう。

手順3.ハンギング用の紐を結ぶ


ンミュッゲ
ハンギング(吊るす)用の紐を、茎の下の方に結び付けます。
バラは一輪ずつ、かすみ草は葉や花が重ならないように束ねて結びます。

手順4.1〜2週間ほど吊るす

ンミュッゲ
風通しの良い場所に吊るしておきます。
完成までは1~2週間が目安です。

ンミュッゲ
水分が抜けたら完成です。

【プロに教わる】バラとかすみ草のドライフラワーをスワッグにアレンジ

ドライフラワーにしたバラとかすみ草を使ったスワッグレシピも特別にご紹介いただきました。ぜひ一緒に作ってみましょう。

必要な道具と素材

・リボン
・麻紐
・輪ゴム
・はさみ
・花ばさみ
・バラ(ドライフラワー)
・かすみ草(ドライフラワー)

手順1.余分な葉をカットする

ンミュッゲ
まずは花ばさみでバラとかすみ草の余分な葉をカットします。スワッグをきれいにまとめるために下の10cmくらいの葉はすべてカットしましょう。

手順2.花を束ねる

ンミュッゲ
長さのあるものは1番後ろに、丈の短いものは前にくるように重ねます。
どこが正面になるのか考えて、お花の顔がしっかり見えるように束ねます。
ふわっと束ね、先端がすぼまるアーモンド型を意識するときれいな形になりますよ。

手順3.輪ゴムでくくる


ンミュッゲ
手で持っていたところを輪ゴムでくくります。

手順4.麻紐を結ぶ

ンミュッゲ
輪ゴムの上から麻紐を巻きつけながら、しっかりと結びましょう。

手順5.茎の長さを切りそろえる

ンミュッゲ
お花がしっかりと紐で固定されたら、バラバラの長さになっている茎を花ばさみを使って切りそろえます。

手順6.リボンを結ぶ

ンミュッゲ
麻紐の上からお好みでリボンを結びましょう。

ンミュッゲ
完成です。逆さまにして画びょうなどで持ち手部分を引っかければ、お部屋の素敵なアクセントになります。

生け花のスワッグ作りに興味のある方はこちらもあわせてご覧ください。

ドライフラワーを長持ちさせる方法

ンミュッゲさんの「ガーランド ドライフラワー ユーカリ パンパス ラベンダー ミニスワッグ」

ンミュッゲ
長持ちさせるためには、風通しがよくジメジメしていない場所に飾ることをおすすめします。ポイントは、「紫外線に当てないこと」「ほこりをこまめに落とすこと」です。これらを心がけるだけで、グッと長持ちするので試してみてくださいね。

ドライフラワーを作るのに適切な時期

ンミュッゲ
ドライフラワーを作るのに適切な時期は、一般的に秋から冬、春にかけてといわれています。湿度が低く乾燥した時期がぴったりです。また、ドライにするにあたって、干してから2、3日の天候はとても重要なため、その間が晴れだとなお良いでしょう。

ドライフラワーの飾り方

ささきまちこさんの「【限定2セット】【10本 セット販売】植物標本 Botanical Collection ■ スターチス」

ドライフラワーはさまざまな飾り方で楽しむことができます。花束にして壁に飾ったり(スワッグ)、麻紐で繋げてつるしたり(ガーランド)するのも素敵です。もちろん花瓶にそのまま差すこともできます。ガラスの瓶に入れて植物標本のようにしたり、リースにしたりして飾るとオリジナル感が出ておすすめです。

ドライフラワーの飾り方
・スワッグにする
・ガーランドにする
・リースにする
・花瓶に生ける
・植物標本にする

ドライフラワーの飾り方について、詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

よくある質問


ドライフラワーを長持ちさせる飾り方や、プレゼントに送る場合の注意点など、ドライフラワーに関するよくある質問をまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

ドライフラワーにしやすい花・グリーンは?

「バラ」「ユーカリ」「かすみ草」「ミモザ」「ラベンダー」など、お花やグリーンそのものにあらかじめ水分が少ないものは乾燥させやすいのでドライフラワーに向いています。

ドライフラワーに向いていない花は?

小さい花は、乾燥させるとさらに小さくなるので花が目立たなくなってしまいます。また、ユリや椿など水分が多い花は、乾燥に時間がかかり花の色が悪くなってしまいやすいです。ただし、小さい花や水分が多い花もシリカゲル法であればきれいに仕上げられます。

ドライフラワーはどんな場所に飾るのが最適?

ドライフラワーは、風通しがよく湿度が低い場所に飾ると長持ちします。反対に、窓際や水回りなどの直射日光が当たる場所や高温多湿の場所は、劣化しやすいので避けましょう。気候によって飾る位置を変えたり、室内の湿度を低く保ったりするのがポイントです。

ドライフラワーはどのくらいの期間楽しめる?

ドライフラワーは正しく保存すれば、3ヶ月〜6ヶ月ほど持つといわれています。時間が経つと少しずつ色が薄くなっていきますが、形が崩れなければ飾りつづけることが可能です。ホコリがたまってきたら処分しましょう。

ドライフラワーはプレゼントには良くないって本当?

ドライフラワーは、欧米では永遠の愛の象徴として結婚式に使われることもあり、プレゼントにぴったりです。一方で、風水的には「陰の気」を持つといわれ部屋に飾るのは良くないともいわれることも。ただし階段や廊下、西日のあたる窓辺などはOKとされていますので飾り方を工夫するよう伝えましょう。また、ドライフラワーは「枯れる」を連想させるのでお見舞いには避けた方が無難です。

インテリアやプレゼントにおすすめのドライフラワー

ドライフラワーは、簡単に作ることができるので、お気に入りの草花を集めて自分好みにデザインしてみてはいかがでしょうか。落ち着いた雰囲気のインテリアとして飾るのもよいでしょう。また、大切な人へのプレゼントにするなら購入がおすすめです。自作のものよりも発色がよく、長持ちするので、長く楽しんでもらえます。贈る相手の好みやイメージを考えながら選ぶと喜んでもらえそうですね。

minneには、お部屋のインテリアとしてもプレゼントとしても使える素敵なドライフラワーがたくさん揃っています。ぜひ、一度チェックしてみてください。

「ドライフラワー」の作品を探す

西巻香織

この記事を書いたライター
西巻香織(にしまきかおり)
GMOペパボ株式会社 minne事業部所属。雑誌や書籍の編集、ライティングの経験を生かし、レシピやインタビューなど幅広いジャンルの記事を担当。陶芸、刺繍、料理など手仕事全般が好き。
Twitterはこちら