【連載】スタンプで彩る、季節のいろもよう vol.5「母の日」

【PR】季節やイベントから連想するモチーフでつくる、スタンプを使った紙もの作品のアイデアをご紹介する連載です。今回のテーマは「母の日」。全24色のバリエーションがそろうスタンプパッド「いろもよう」で、母の日の贈りものに添えたい、やさしくて華やかなアイテムが完成しました。

手のひらサイズのスタンプパッド「いろもよう」

シヤチハタのスタンプパッド「いろもよう」を使って、minneの作家さんに、母の日にぴったりな紙ものアイテムを制作いただきました。
「日本の伝統色」を採用した、絶妙なカラーバリエーションの「いろもよう」で、アートのように華やかに彩られた作品の数々をおたのしみください。

「いろもよう」公式サイト

スタンプでつくる花畑

今回ご協力いただいたのは、「日常にそっと寄り添うお花と言葉」をテーマにオリジナルのハンコを制作されている作家・ななほし工房さんです。

ななほし工房さんが手がける繊細な線のお花のハンコと、色数豊富な「いろもよう」は相性抜群。色とりどりに咲き誇るように彩られたお花のスタンプは、母の日を祝福するかのようです。心がパッと華やぐ作品の数々をご紹介します。

ニュアンスカラーがおしゃれな「タグ」

まず制作いただいたのは、母の日の贈りものに添えて使いたい「タグ」です。
ハトメを付けた紙にハンコをポンと押す、シンプルな工程ですが、ななほし工房さんのアンティークのような絵柄のハンコと「いろもよう」のやさしいニュアンスカラーのコンビなら、グッとおしゃれな雰囲気に。

タグの紙色と「いろもよう」のカラーがさりげなくリンクしているのも素敵ですね。

ななほし工房さん
スタンプの作品づくりは初めて、という方にも挑戦しやすいアイテムとして「タグ」を考えました。タグの紙の色味と「いろもよう」のカラーを合わせて、すっきりと統一感を出したところがポイントです。「いろもよう」は左から順に、萌黄色(もえぎいろ)、藤色(ふじいろ)、水色(みずいろ)を使っています。とても簡単に制作できますので、ぜひみなさんにもつくっていただき、花束や贈りものに添えて使っていただけたらと思います。

プレゼントにタグを付けると一気に特別感が生まれました。
あえての色数を抑えた仕上がりが大人っぽさと上質さをプラスしてくれています。

ななほし工房さん
母の日ということで、お母さんが好きな色や、好きな雰囲気は何かな?と想像しながら色選びをしてみてはいかがでしょう。わたしは以前から「いろもよう」を愛用しているのですが、全24色とカラーバリエーションが豊富なので、これだ!という色がきっと見つかるはずです。ちなみにこのタグのスタンプには栗色(くりいろ)を使用しています。落ち着いた上品な色味です。

お花が咲き誇る「メッセージカード」

続いて制作いただいたのは、鮮やかな色使いが美しい「メッセージカード」です。
「いろもよう」の明るい色味は、どれもどこかやさしい雰囲気がありますね。

ななほし工房さん
「メッセージカード」はワンポイントに使えるタイプのハンコをたくさん押すことで、花畑をイメージしてつくりました。「いろもよう」は明るい色や淡い色でも、発色はとてもよく、さらに乾きが速いので、ストレスなくポンポンと押すことができました。

ハンコを並べるように押したり、ポイントを絞って押したり、と伝えたいメッセージ量に合わせてスペースを自在に調節できるのも、手づくりだからこそですね。
そして、スタンプのインクを重ねても「いろもよう」ならこの美しさ。それぞれの色味が引き立てあっているかのようです。

ななほし工房さん
絵を描くように、スタンプの色をこうして重ねてたのしめるのは「いろもよう」ならではのうれしいポイントのひとつだと思います。ミモザのスタンプは「いろもよう」の萌黄色(もえぎいろ)で押したあとに、向日葵色(ひまわりいろ)を綿棒につけて、ポンポンと色付けしました。仕上がりがとてもきれいで自分でも気に入っています。「いろもよう」をこれから使われる方は、ぜひ色の重ね使いもたのしんでいただきたいですね。

目を惹く「ラッピングペーパー」

ラッピングペーパーも数種類ほど制作いただきました。お花モチーフのスタンプを敷き詰めたデザインがとっても華やかですね。

「いろもようの鮮やかさを活かすことを心がけました」とななほし工房さん。特にバラのラッピングペーパーがお気に入りなのだそう。

ななほし工房さん
ひとつのハンコで、ここまで多彩な表現ができるんだな、と改めて感じました。同系色の組み合わせも、反対色の組み合わせも、とてもかわいく仕上がり大満足です。色鮮やかな作品に仕上げたい場合は、このバラのハンコのように、インクがのる印面(シルエット部分)が多いものを選ぶとインクの色をより活かすことができます。

気持ちのこもった「ギフトボックス」


さきほどのラッピングペーパーを活かして「ギフトボックス」もつくっていただきました。アクセントカラーの色紙やレースペーパーをコラージュすることで、メリハリが生まれ、存在感たっぷりの仕上がりに。

中央付近のシールのように見えるフレーム枠は、ななほし工房さんが手がける人気のハンコを活用したものです。

ななほし工房さん
フレーム枠のハンコを使って、個性的な雰囲気にしました。フレーム枠とワンポイントのハンコを合わせると、またイメージが変わるので、色々と組み合わせて使うのもおすすめです。フレームの中のスタンプには「やさしい思い出の中にはいつもあなたがいます」といった意味合いのメッセージが入っているんですよ。

温かみあふれる「レターセット」

母の日の贈りものに、日頃の感謝のメッセージを直筆で添えたい、という人も多いはず。ということで、最後に制作いただいたのは、レターセットです。

以前に、ななほし工房さんのお母さまが入院した際「病院にお花は持ち込めません」と言われてしまい、お花が大好きだったお母さまにお花を届けられず残念な思いをされたそう。
「お花を受け取ったときのように、このメッセージカードに咲いたお花で心を和ませてほしい」そんな想いで制作されたそうです。

一見インポート物のような雰囲気のこちらの封筒には、よく見ると「Arigatou(ありがとう」のスタンプが。思わずクスリと笑顔が生まれそうな遊び心あふれる作品です。

ななほし工房さん
普段照れくさくてなかなか伝えられない言葉も、スタンプならさりげなく添えることができます。わたしの作品ギャラリーには他にもさまざまなメッセージのハンコがあるのですが、どれもとにかく線が細かいのが特徴。にもかかわらず「いろもよう」はいつもにじむことなく本当にきれいに押すことができ、使うたびに感動します。ちなみに、この封筒には「いろもよう」の桃色(ももいろ)と栗色(くりいろ)を使いました。大人っぽさと女性らしさの両方があって、お気に入りの組み合わせです。母の日にもぴったりだと思うのでぜひ試してみてくださいね。

あなたの手のひらから

最後に、母の日に向けて素敵な作品を制作いただいた、ななほし工房さんに、ハンコの魅力と合わせて、みなさんにメッセージをいただきました。

ななほし工房さん
メールやLINEなど便利なものが増えましたが、こういうご時世だからこそ心がこもった温かい作品づくりはいかがでしょう。ハンコを使えば、たとえ絵が描けなくてもポンと押すだけで、あなただけの世界をつくり出すことができます。あなたの手のひらから、素敵な世界をつむぎ出してくださいね。

「ななほし工房」さんのギャラリーはこちら

みなさんもぜひ、今年の母の日はおうち時間を活用して、ハンコを使ったアイテムづくりに挑戦してみませんか。贈りものにそっと添えれば、日頃の感謝の気持ちもより一層届けられるはずです。

「いろもよう」の詰め合わせをプレゼント


「母の日」にぴったりなカラー5色の「いろもよう」を詰め合わせたセット【桃色(ももいろ)・栗色(くりいろ)・萌黄色(もえぎいろ)・向日葵色(ひまわりいろ)・水色(みずいろ)】を抽選で1名さまにプレゼントいたします。

<応募方法>
① Twitterにて「minneとものづくりと公式アカウント」をフォロー
② ご自身のTwitterアカウントにて募集ツイートをリツイート
※応募に使用するTwitterアカウントは必ず「公開」設定にしてください

<応募期間>
4月13日(火)~4月23日(金) 23:59
当選者には4月27日(火)までに、minneとものづくりと公式TwitterアカウントよりDMにてお知らせいたします。

キャンペーンの概要・注意事項はこちら

たくさんのご応募お待ちしております。

 

いろもよう
乾きが速くてクッキリ鮮やか、繊細な模様もしっかりキレイ。

 
・スタンプパッド 標準小売価格 ¥715(税抜 ¥650)
・専用補充インキ 標準小売価格 ¥440(税抜 ¥400)
・盤面サイズ 63×40mm
詳細はこちら


文 / 西巻香織  撮影 / 真田英幸
企画・ディレクション / 中村瑛美里