色鮮やかな「いちごジャムの作り方」

春から初夏にかけて旬を迎える「いちご」。ひと手間加えてジャムにすると、さらにおいしく、長くたのしむことができます。今回はシンプルな材料で簡単にできるいちごジャムのレシピをご紹介します。

ジャム作りで知る、春の訪れ

一人暮らしをはじめた4年前。
引っ越して最初に作ったのが「いちごジャム」でした。

必要な材料はいちごと砂糖ぐらいで、こんなにもシンプルなのに、市販のものとは違ったおいしさと、ごろっとしたいちごの贅沢感をたのしめるのかととても感動したのを覚えています。

それから毎年、この時期には決まって「いちごジャム」を作るようにしています。

毎年同じ時期に同じことを繰り返す。このルーティンが僕は好きです。
八百屋さんに並ぶいちごが少し安くなって、ジャムを作るタイミングで春の訪れを知るのです。

シンプルな材料で簡単!いちごジャムの作り方

今年もまたジャム作りの季節がやってきました。

どうせなら1年を通して、旬の果物を使い季節を感じられるジャム作りをしてみたい。
ということで、この「季節のジャム」という連載がスタートしたのです。

初回は作り慣れた「いちごジャム」からスタートです。
作り方のコツもご紹介するので、ぜひ皆さんも一緒につくってみてくださいね。

必要な材料

材料はいちごとグラニュー糖に、レモン汁大さじ1のみ。
グラニュー糖はいちごの50%の量を用意してください。
大体1パックで1ビンほどのジャムができあがります。

今回は粒が小さめのいちごを2パック用意しました。少し見栄えが悪かったり、熟して食べごろが過ぎたものでも十分おいしく作れます。安く手に入る見切り品を使ってもいいですね。
レモン汁はクエン酸の働きによって、ジャムの色味をより鮮やかに見せてくれ、ペクチンによってとろみも増します。いちごにも多少入っているため無くてもかまいません。

1.瓶の下準備をする

まずは準備からです。ジャムを作る際は、あらかじめビンを煮沸消毒しておきましょう。
これはジャムを保存する際にカビや菌が発生するのを防ぐためです。

鍋にビンと蓋を入れ、しっかりと浸かるほどの水を入れたら沸騰させます。
5分経ったら鍋から取り出し、しっかりと乾かします。これで煮沸消毒は完了です。
沸騰してからビンを入れると、急激な温度変化でビンが割れるので気を付けてください。蓋は変形しやすいので少し早めに取り出しましょう。また、やけどには十分注意しましょう。

2.ボールに材料を入れ、水分を出す

それではジャムを作っていきます。
まずいちごを水洗いしたあと、ヘタをカットしてボールにあげます。
砂糖を入れたら、全体に行き渡るようによく混ぜましょう。

ここから約3時間ほど置いておくと、いちごからどんどん水分が出てきますよ。

3.鍋に移し、煮詰める

いちごからある程度水分が出たら、鍋に移します。
鍋は必ずステンレスやホウロウといった、酸に強い素材のものを使ってください。

木べらでかき混ぜながら弱火から中火で15分ほど煮ていきましょう。

途中、灰汁がたくさん出てくるのしっかりすくいます。そこから弱火でもう15分ほど煮ていきます。

いちごの色が薄くなっていきますが、そのまましばらく煮続けると、またどんどんと色が戻ってきます。
色が深くなってきたらレモン汁を入れてまた5分ほど弱火で煮込みます。

4.煮込んだジャムをビンに移す

深いルビー色に変わり、自分好みのとろみになったらすぐにビンに移します。火傷をしないように注意。
とろみが足りない場合はもう少し煮込む時間を長くしましょう。

ビンに移して蓋をしっかり閉めたら逆さにしましょう。
逆さまにすることで、カビを防げます。
しっかりと冷ましたらいちごジャムの完成です。

ひと粒ひと粒しっかりと形の残ったいちごジャム。
美しいルビー色に思わずうっとりしてしまいます。

 
せっかくなのでminneでジャムにぴったりな食パンを取り寄せてみました。

いちごジャムに合わせる贅沢な食パン

今回お取り寄せしたのはNBI BAKER\'Sさんの「生クリーム食パン〔イギリス型〕
最高級の小麦粉に、濃厚な生乳100%の生クリームを使用し、素材にもこだわった贅沢な食パンです。
ミミは薄くてカリッと仕上がっているのに、中はしっとりとした食感に驚きます。ひと口食べればミルクとバターの風味が口いっぱいに広がりますよ。

少し厚めにカットして、5分ほどトーストしたら、いちごジャムをたっぷりのせていただきます。

程よい甘さのジャムと食パンの濃厚な風味が相性抜群!
サクッモチッとした食感がよりおいしさを引き立ててくれます。

ペロリと2枚完食してしまいました。

今回のジャムは未開封で約1ヶ月〜2ヶ月ほど保存することができます。開封したものや砂糖の分量を少なくした方は早めに食べ切るようにしてくださいね。

1年中、どこにでも並んでいるいちごジャムだからこそ、自分で果物から手作りするとより特別なものになります。
まさに手づくりの醍醐味を感じられるそんな魅力がたくさん詰まっているのですね。

さて次の季節にはどんなジャムを作りましょう?
また季節が変わるころ、お会いしましょう。


人気の食パンセットをプレゼント

今回ご紹介した、NBI BAKER\'Sさんの「生クリーム食パン」に「たっぷりチーズ食パン」と「あんこ食パン」をセットにして抽選で3名様にプレゼントいたします。

<応募方法>
① Twitterにて「minneとものづくりと公式アカウント」をフォロー
② ご自身のTwitterアカウントにて募集ツイートをリツイート
※ 応募に使用するTwitterアカウントは必ず「公開」設定にしてください

<応募期間>2021年4月2日(金)~2021年4月16日(金) 23:59
当選者には4月21日(水)までに、minneとものづくりと公式TwitterアカウントよりDMにてお知らせいたします。
キャンペーンの概要・注意事項はこちら
 
たくさんのご応募お待ちしております。

撮影・文/真田英幸