おすすめ作品

ミモザの花言葉とおしゃれな「ミモザリース」10選

春を告げる花として知られる「ミモザ」は、ドライフラワーにしやすく、リースにして楽しんでいる人も多いのではないでしょうか。イタリアでは男性が女性にミモザを贈る風習も。今回は、ミモザの日の由来や、花言葉とあわせて、ホワイトデーにもぴったりなミモザのリースをご紹介します。

ミモザ(アカシア)とは?何月の誕生花?

LINDAOFFLOWERさんの「フレッシュなミモザとかすみ草のスワッグ

本来ミモザはアカシア属の総称の意ですが、ギンヨウアカシアやフサアカシアなどを通称して「ミモザ」と呼ばれています。ふわふわと風になびく、黄色く小さいお花が特徴的で、3月~4月に開花の時期を迎えます。成長が早く、樹高が10m以上になることも。ドライフラワーにしても鮮やかな黄色を楽しめることから、インテリアアイテムとしても重宝されています。
そんなミモザは2月14日と4月9日の誕生花です。バレンタインデーの誕生花なんてロマンチックですよね。

怖い意味もある?ミモザの花言葉

ミモザには1,000種以上の品種があり、花や葉のかたちもさまざまで、一般的な黄色以外の花を咲かせる品種もあります。ミモザ全体に共通する花言葉は「優雅」「友情」。その他、ミモザの花の色に応じて、黄色は「秘密の恋」、オレンジは「エレガンス」「上品」、白は「頼られる人」「死に勝る愛情」などの花言葉があります。怖い意味やネガティブな意味は一切ありません。

国際女性デー「ミモザの日」にイタリアで行われること

チュルメールさんの「春を告げるミモザのリース

3月8日は国連が定めた「国際女性デー」。諸説ありますが、1904年にアメリカで女性労働者が婦人参政権を求めたデモが起源といわれ、1975年に制定されました。女性の社会的地位や権利を守り、女性のすばらしい活動と勇気ある行動を世界的に称える日です。イタリアではこの日を「FESTA DELLA DONNA(フェスタ・デラ・ドンナ=女性の日)」と呼び、男性が日頃の感謝を込めて、母親や奥さん、会社の同僚などにミモザを贈る習慣があります。このことから「ミモザの日」とも呼ばれるようになりました。 ミモザを贈られた女性は、ミモザを胸や髪に飾るだけでなく、仕事や家事、育児からつかの間離れて、お出かけや外食を楽しむのだといいます。
このことから日本でも3月8日を「ミモザの日」と呼び、親しまれるようになってきました。

ミモザのお手入れ方法と飾り方アイデア

庭木としても人気のミモザ。ミモザはもともと乾燥地帯の花であるため、地植えの場合は特に水やりが必要ありません。鉢で育てる場合には、表面の土が乾いてきたらたっぷり水をあげるとよいでしょう。一方で、害虫が付きやすい花でもあるため、日当たりと風通しのよい場所で育ててあげましょう。切り花を花瓶に飾って楽しんだり、ドライフラワーとしてスワッグをつくってみたり、リースとして飾るなど、空間をかわいらしい黄色で和ませてくれますよ。

ホワイトデーのお返しにも「ミモザのリース」10選

国際女性デーに男性から女性に贈られるミモザはホワイトデーのお返しにもぴったり。インテリアに取り入れるだけで春の訪れを感じることができる、色鮮やかなミモザを使ったリースをご紹介します。

ドライになる過程も楽しめる、生花のミモザリース

鮮やかな色合いと、フレッシュな香りが特徴的な生花を使ったミモザのリース。時間とともに、ドライフラワーに変化していく様子も楽しんでくださいね。

たっぷりミモザの鮮やかリース

LINDAOFFLOWERさんのミモザのリース

ミモザのみを使ってつくられた、贅沢なリースです。明るい黄色は、お部屋のナチュラルなアクセントになってくれそうですね。

作品を見る

角度によって表情が変わる

hibaさんのミモザ&スターチスリース

ミモザとスターチスを使った立体的なデザイン。上半分がゴールドのワイヤーになっているので、どんなインテリアにも馴染んでくれそうです。

作品を見る

ユーカリの香りがふんわり漂う

floluxe(フロリュクス)-yuriさんのユーカリ&ミモザのリース

緑と黄色のコントラストが美しい、ユーカリ&ミモザのリース。その日の気分によって場所を移動させて楽しむのもいいかもしれませんね。

作品を見る

ドライフラワーのミモザリース

アンティークのような風合いが魅力的なミモザのドライフラワーリース。落ち着いた色味なので、どんなインテリアにも馴染みやすいのが嬉しいポイントです。

飾りやすい小ぶりなサイズ感

チュルメールさんの春を告げるミモザのリース

黄色い花の部分がたっぷりと使用されたリースです。アクセントにもぴったりなアシンメトリーなデザインが、お部屋のおしゃれ度をアップしてくれそう。

作品を見る

黄色×ピンクのふんわりとした色合い

hakobeさんのミモザと千日紅のハーフリース

ミモザと、ピンクの千日紅とリボンの組み合わせがお部屋をやさしい雰囲気で彩ってくれます。半ドライ状態のミモザならではの、時間経過による風合いの変化も楽しめますよ。

作品を見る

お部屋に春を呼び込むたっぷりのミモザ

Flower Veilさんのミモザとユーカリのリース

国産銀葉ミモザとグニユーカリを使用したボリューム感のあるリースは、春の模様替えにぴったり。ショップページには他にもさまざまなデザインのミモザリースが並んでいるのでぜひチェックしてみてください。

作品を見る

やわらかな雰囲気が魅力的

atelier de *koreさんのミモザと野花のナチュラルリース

ミモザやヘリクリサムなど、淡い色合いでまとめられたかわいらしいリースです。ソフトストーべやアスパラなどのグリーンとの組み合わせがナチュラルな雰囲気を演出してくれます。

作品を見る

おうち時間にもおすすめ「手づくりキット」

ちょっとしたおうち時間に、気軽にリースをつくることができる「キット」はいかがですか。自分好みに仕上げることができるので、いっそう愛着がわくはずです。

YouTube映像を見ながら制作

iriflores(イリフローレス)さんのミモザ×パンジー制作キット

初心者の方でも安心!たっぷり1時間の動画でつくり方を確認することができるキットです。春らしい鮮やかな色味のリースが完成しますよ。

作品を見る

いろいろな場所に飾りやすいサイズ

ブルガリアンローズさんのミニミニミモザリースのキット

説明書や動画を見ながらつくることができます。好きな場所にお花を貼り付けるだけなので、約20分と短時間でリースが完成します。

作品を見る

ドライオレンジが香るリースキット

ikoさんのお家で楽しむ手作りキット

花材だけでなく、ドライオレンジを組み合わせながらフレッシュなリースをつくれるキットです。自分ではさみを準備するだけで気軽にチャレンジできますよ。

作品を見る

minneで見つかるおすすめの「ミモザ」アイテム

minneには、心がぱっと明るくなるミモザのリースや、つくる時間の楽しさも味わえるキットまで、さまざまな「ミモザ」のアイテムがそろっています。ぜひチェックしてみてくださいね。

minneで「ミモザ」の作品を見る