Enjoy minne here
  1. minne ホームアート・写真ZINE・リトルプレス手製本『泡沫日記』

手製本『泡沫日記』

価格:JPY ¥880残り2点
で購入

お買い物の前に必ずterms of minne customerをご確認ください。

おはなしの喫茶室この作家からJPY ¥3,000以上購入で送料無料

波打ち際の泡が語った人魚にまつわる物語を、2冊組『泡沫日記』『泡沫日記 貝殻と幻』の本に仕立てました。


___〈人魚〉を失ったちょっと優柔不断な男が、海ばかり眺める日々を綴った日記の断片を集めた『泡沫日記』

……某月某日|記憶は泡みたいなものだから
 あなたと過ごした夏はずいぶん遠くです。
 今、どこにいるのかな。ここよりあたたかいところかな。
 まだ、僕はあなたの海に通いつづけています。

……某月某日|本棚を整理した
 海水に浸って波だった文庫本は本棚の一番上にある。
 道の険しい小さな入江で、あなたの歌声に引き寄せられて、本だけじゃなく、僕も溺れてしまえばよかったと思う。

……某月某日|人魚を見たという噂を聞いて
 海岸沿いのカフェでコーヒーをテイクアウト。すっかり湯気が消えたあとも、コンクリートの階段に座って海原を眺めた。
 あなたがひょっこり波間に顔を出してくれないかと願って。



___海岸に落ちる雲の影が描く〈人魚〉の幻を綴った『貝殻と幻』

……海から吹きつける風は強く、油断すればすぐに足を取られてひっくり返ってしまいそうでした。
 雲がみるみる形を変えて、ひとときの幻を描いては散ってゆきます。
 雲の影は海と陸に落ち、私は雲の描く幻に挟まれてあてもなく砂浜を歩いていました。
 波打ち際に白く光るものがあって吸い寄せられると、それは半分埋もれた貝殻でした。
 貝殻を引き抜くと、砂から指輪が飛び出てきました。指輪には何の刻印もありません……

___海ばかり眺めて途方に暮れる彼と、人魚の心。2冊の本をお楽しみください。



◆材料・製本について

『泡沫日記』
紙:ポルカ そば90Kg 
綴じ方:本文18枚をハトメ綴じ

『貝殻と幻』
紙:両更クラフト86.5Kg 色上質紙 黒特厚
綴じ方:本文12ページ・表紙1枚を合わせたものをステッチ中綴じ

共通ケース……かぐや 満月170Kg つやっとぷっくりした泡ぶく模様をエンボスで描きました。

◆それぞれの本文・ケースともにスタンプを手押ししており、1冊ずつ違う模様となっています。
◆インクジェット印刷

もっと読む
作品情報
在庫数2 冊サイズ横82×縦73×幅6mm
配送方法・送料
配送方法配送エリア・備考送料追加送料発送までの目安
クリックポスト全国一律JPY ¥198(JPY ¥0) 5日後

※[発送までの目安]は、minneでの入金確認が完了してから作品が発送されるまでの予定日数です。

お支払い方法

今すぐご利用いただけるお支払い方法

クレジットカード
キャリア決済
Apple Pay※MasterCard・JCB・AMEXがご利用いただけます
Google Pay※VISA・MasterCard・JCB・AMEXがご利用いただけます

ログインするとご利用いただけるお支払い方法

後払い決済GMO後払い
コンビニ払い
ゆうちょ振替
銀行振込

・手作り品のためサイズに個体差があります。また、本文などの模様はひとつずつ手押しでスタンプしており、一冊ずつ異なります。味わいとしてお楽しみください。
・猫の環境で制作しています。毛の混入には注意しておりますが、アレルギーをお持ちの方はご留意ください。

価格:JPY ¥880残り2点
で購入

お買い物の前に必ずterms of minne customerをご確認ください。

おはなしの喫茶室この作家からJPY ¥3,000以上購入で送料無料

OHANASI-CAFE'S GALLERY

この作家からJPY ¥3,000以上購入で送料無料
おはなしの喫茶室

おはなしをつくるひと

おはなしの喫茶室

(54)

2021年4月27日に新作『おはなしタイル』を販売開始予定です

[全 54件]

手製本『泡沫日記』

手製本『泡沫日記』

聞きたいと言う人や生き物たちに、波打ち際の泡が知っている話はすべて教えて届けてあげてほしいです。 受け取ったほうはどうか少しでも今よりは楽になれますように。 頂いた懐かしい品々で過ぎていった日々を思い出しておりました。かくらさんに感謝しております。

ご感想をありがとうございます。 聞きたいと思ってくれる人がいるなら、きっと泡はそこかしこで話を続けると思います。 こちらこそ、いつもありがとうございます。これからも、手にしたいと思って頂けるようなものを作れるよう創作に励みます。

手製本『泡沫日記』

手製本『泡沫日記』

二冊とも、手にとって嬉しく、かざって嬉しいすてきな作品です。大切にじっくり読ませていただきます。 すてきな作品、ありがとうございます。次回作も楽しみにしております。

手製本の『苹果』と『泡沫日記』をお手にしていただき、ありがとうございます! お気に召していただけてうれしいです。 次回作はにぎやかな色合いのものを準備しています。またご覧になっていただけるよう、制作に励みます :にこ:

手製本「苹果」

手製本「苹果」

お品が届きました。 赤と銀の箔のうつくしい、ちいさなハードカバーです。 これが手製本だというから驚きです。 中身はこれから読みますが、じっくりと味わいたいと思わせる存在感があります。 いつまでもたいせつに書棚に飾っておきたくなるような一冊です。 この度はどうもありがとうございました🌹

ご到着のお知らせをありがとうございます。 ゆっくりとお楽しみいただけましたら幸いです :にこ:

【手製本】ネズミのためのノート◇赤色

【手製本】ネズミのためのノート◇赤色

無事に到着しました!イメージ通り、とっても可愛い豆本でした♪ 大切にしますね😄 見て癒されてます(^-^)この度は本当にありがとうございましたm(_ _)m(*'▽'*)

到着のお知らせをありがとうございます! お気に召していただけてうれしいです。どうもありがとうございました!

【手づくりの本】路地裏猫の雨やどり

【手づくりの本】路地裏猫の雨やどり

無事手元に届きました✨可愛らしいイラストと手触りの良い表紙で読むのが楽しみです :にこ: いつも素敵な作品をありがとうございます :あはは:

無事にお手元へ届き、安心しました。お知らせをありがとうございます! 猫たちの日常のヒトコマをお楽しみいただければ幸いです。

手製本「苹果」

手製本「苹果」

細部まで作り込まれた手製本が可愛らしく何度でも開いてしまいます。物語も独創的で私好みで本当に購入して良かったです。ありがとうございました。

ご感想をありがとうございます! お気に召していただき、本をかわいがってくださって、とてもうれしいです。

手製本「苹果」

手製本「苹果」

叶わないのに諦めきれない人にとって、呪いと気づいていてもこの毒りんごの存在は救いになりますね。ルルは夢を叶えたんだと思います。 侏儒も梟男があんな風になってルルとは会えないと思いますが一緒にはなれたのではと願っています。読んでると、弱く小さいイメージの登場人物が多いのに、すごく沸き立つエネルギーを感じました。目が離せない越後さんの絵が希望と絶望を一気に受け止めなければならない感じで息切れさえしましたが、かくらさんの世界をまた堪能しました。またいつもいろいろ付けて下さりありがとうございました。 タイトルの漢字、とても素敵ですが変換できませんでした。申し訳ありません。

タイトル文字の「苹果」は宮沢賢治の表記するりんごが「苹果」で、ずっとそれがいつも食べるりんごではなく、特別な食べ物として感じられていたから、こちらにしておりました。 変換できないものもありますよね。かえって、すみません。 彼らに沸き立つエネルギーを感じてくださったというご感想、とてもうれしいです。仰るように、ちいさい存在たちの、それぞれの懸命な行動の物語でした。 向かい合わせとなっている越後さんの絵に「希望と絶望」という言葉を重ねていただいて、ああそこにもまた対になるものが…と思いました。 深く読み解いていただいて、ありがとうございます。

名刺図鑑全14種「ヨコスタイル+タテスタイル」

名刺図鑑全14種「ヨコスタイル+タテスタイル」

昨日無事に届きました。ふとした時に見つけて、「名刺に物語が書いてある」と言うのに惹かれて購入しました。好きなときに好きな名刺を読む、と言うスタイルとても気に入りました。おまけの栞と豆本もありがとうございます。これからも頑張って下さい。

ご感想をありがとうございます! 作品を見つけていただき、気に入っていただけて、とてもうれしいです。これからもがんばります。

手製本「霧と砂/砂と霧の図書館」

手製本「霧と砂/砂と霧の図書館」

本日無事お品物が届きました。ご対応いただきありがとうございました! とても凝った作りで素敵ですね、これから読ませていただきます、楽しみです!本当にありがとうございました。

到着のご連絡をありがとうございます。無事にお手元へ届き、安心しました。 どうぞごゆっくりお楽しみくださいませ^^

【sh様  ◇お取り置き品】 

【sh様  ◇お取り置き品】 

私の図書館は美しいもの、あるいは汚れたもので出来ているのでしょうか?私次第ですね。年を重ねた分、本の数は多いでしょう。でもこれからは質もよくしていけるようもう一人の私と頑張ります。かくらさん、このお話、すばらしい発想ですね。ごめんなさい、私にはこの言葉しか浮かびません。自分の体験と内面を見つめ直すという目的でもう一人の自分がそれを本にしているというのが(私の解釈ですが)とても新鮮でした。霧と砂のイメージがぴったりのそれぞれの本も、夢のように儚く消えてしまいそうな感じがとても素敵です。 砂のナキと霧のナキが旅している柄のぽち袋もありがとうございました。

ご感想をありがとうございます。「うつくしい」も「汚れ」も意味のあることだと思います。汚れたものは汚れていることがきっとうつくしい。 shokoさんの仰るように「もうひとりの私と」しっかり生きていくという、そういう生きることへの祈りに似た気持ちが本をつくる時にありました。受け止めてくださってありがとうございます。 造本もお気に召していただけてうれしいです。そして、ご予約のお礼のポチ袋! なるほど、「旅している柄」 意識していませんでしたが、そうですね。笑。そういうことにさせてもらいます。ありがとうございます!

ログイン