「精油」と「アロマオイル」の違い

ピッコラパーチェではエッセンシャルオイル(=精油)やお花を使った商品を販売しています。


まず、エッセンシャルオイルとはなんだろう?というところについてですが

AEAJ(公益社団法人日本アロマ環境協会)の定義によると「精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、果実、心材、根、種子、樹皮、樹脂などから抽出した天然の素材で、有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質。各植物に特有の香りと機能を持ち、アロマテラピーの基本となるもの。」とあります。

要は、「良い香りのする100%天然の抽出液」という感じです。

定義にもあるように、エッセンシャルオイルは精油と同義です。

それでは「アロマオイル」と「エッセンシャルオイル」の違いですが、
簡単に言うとアロマオイルには本物もそうでないものも混じっているが、エッセンシャルオイル(=精油)は絶対本物、という感じです。

「エッセンシャルオイル(精油)」と書かれていれば定義のように100%天然のものです。
一方、「アロマオイル」はAEAJの定義では厳密には正式名称ではありません。

アロマの専門家の方でも、呼びやすいからということでエッセンシャルオイルのことを「アロマ」、エッセンシャルオイルを専用の油脂で希釈したものを「アロマオイル」と言ったりもしますし、中には100%天然の「アロマオイル」という名称で販売されているものはあるかもしれません。しかしそうでない場合も多々あります。合成香料が「アロマオイル」という名称で販売されているのはよくあることで、キャンドル専用のアロマオイルなどがその例です。


もちろん合成香料を否定するものではないです!合成香料にもこんなメリットがあります。
・エッセンシャルオイルにない香りが展開されている
・エッセンシャルオイルと比較するとほとんどが安価(比較して高価なものを見た事はないですが、念のため「ほとんど」)
・エッセンシャルオイルと「同じ量」だと、合成香料の方が長持ちすることがある(例:キャンドルに香り付けした場合)
などです。

あまり多くのメリットを挙げられていませんが、これは私が合成香料にあまり詳しくないということもあると思います。

一方エッセンシャルオイルのメリットは
・エッセンシャルオイルにない香りが展開されている
・高価である=大量の原料から本当にわずかしか取れない貴重なものである
・やわらかく、奥深い香りがする(シャープな香りのするものなど性質上の差はありますが、総合的に見て)
・100%天然成分のため、自然の恵みを楽しめる
・100%天然成分で、オーガニックの商品も多数あるため、オーガニック志向の方に嬉しい
・特有の「香り」と「機能」を持つ
・ほぼすべての精油の製品情報に抽出方法、生産国、原産国、発売元または輸入元が書かれており、知ったうえで購入できる
・奥が深くて極めれば極めるほどおもしろい
などといったメリットがあります。

ピッコラパーチェでは、エッセンシャルオイルならではの「やわらかく奥深い香り」「自然の恵み」「高価だけれども貴重で特別なもの」…これらをお届けしたいため、エッセンシャルオイルを採用しています。特に、オーガニック製法で作られた「クイーンメリー」というエッセンシャルオイルを一部に使用しています。

エッセンシャルオイルはブレンドの方法も無限にあって、アロマブレンドデザイナーの資格も取得しましたが、まだまだ極めたり楽しんだりする余地があり、本当に奥が深いです。

また、アロマの原料は植物なので、植物学的な知識も必要だったり、特定の香りと「機能」を持ち、健康的な生活を送ることもアロマテラピーの目的だったりするので、有機化学や栄養学、解剖生理学などを学んだりもします。これはアロマテラピーインストラクターやアロマセラピストのレベルになります。

私はアロマテラピーインストラクターの資格を取得しましたが、何十時間もスクールに通って何日も自宅で勉強して…という日々でした。

極めようと思えばかなり深掘りできるところもエッセンシャルオイルの魅力だと思います!



ということでよく皆さんが疑問に思われる「エッセンシャルオイル」について書いてみました。

これからもエッセンシャルオイルの魅力を楽しんでいただけるような商品を作っていきたいと思います。

  1. minne ホーム
  2. piccola pace
  3. レター一覧
  4. 「精油」と「アロマオイル」の違い
ログイン