パンパスグラス染

パンパスグラスは南米大陸の草原が原産地のイネ科の植物です。
日本には明治時代に入ってきた植物ですが、あまり馴染みが無いですね。
わたしも染料にするまで、あまり関心がなかったですが、広い公園や道路の分離帯などに使われていますね。
ススキのような形の葉ですが、ススキより大きく育ちます。それゆえ「お化けススキ」といわれてたりします。
南米が原産なので寒さには弱いのですが、アトリエ YARNの染料ガーデンでは冬でも枯れずに育っております。
銅媒染で染めると綺麗なグリーン色になります。
澄んだ綺麗なグリーンに染まる植物は意外と少ないですので、出番の多い植物です。
プリーツマフラーキットで使用している糸は銅媒染です。きれいなグリーンは人気の色ですね。
草木染の色はお顔の色を綺麗に見せてくれます。マフラーなど編まれると実感されると思います。
是非一度草木染の糸で編んでみて下さい。 


パンパスグラス染の糸を使った商品はこちらのページにあります。
https://minne.com/items/23173372

ログイン