特集

【季節のスワッグ】新春を華やかに彩る「スターチスのスワッグ」の作り方

日比谷花壇さんに、季節のお花やグリーンを使ったリースやスワッグの作り方を教えていただく連載です。今回は、2種類のスターチスを組み合わせて作る、新春にぴったりの華やかなスワッグのレシピをご紹介します。

スターチスのスワッグの作り方

日比谷花壇 シニアデザイナーの西澤さんにおしえていただきます。

西澤真実子さん
ギフト商品の部門でデザインのコアを担う、トップデザイナー。シンプルかつ花材の繊細な色合いにこだわったデザインを得意とし、女性的で透明感のある作風が特徴。

Instagramはこちら

スターチスは、1本の茎から枝分かれして小さな花をたくさん咲かせ、ピンク、白、黄色、紫色など鮮やかな色が魅力的です。切り花として飾るときも、他の花とも合わせやすく、長持ちするので自宅でも楽しみやすい花ですが、実はドライフラワーにも向いており、スワッグにもおすすめの花材のひとつです。

今回はそんな人気の高いスターチスを2種類使って、新春らしい桜色のスワッグを作りましょう。いつものお部屋を晴れやかに、華やかに演出してくれるはずです。

必要な材料と道具


(花材左から)
・ハイブリッドスターチス ピンク系 1本
・スターチス ピンク系濃淡 各1本
・リボン(お好みの長さで)
・麻ひも 1本
・輪ゴム 1本
・花ばさみ

STEP1 スターチスを切り分ける

まずはじめに、ハイブリッドスターチスを20~30cmくらいに花ばさみでカットします。

続いて、スターチスはハイブリッドスターチスよりやや短めにカットしてください。

STEP2 花材を束ねる

いちばん長くてまっすぐなハイブリッドスターチスを手に持ち、スターチスを長いものから順に添えるように重ねます。

花で面を作るように、ハイブリッドスターチス、スターチスとミックスして重ねていきます。このとき、花の表面が見えるように向きに注意しましょう。

スワッグ全体の形がオーバル型になるように整えながら束ねていきます。

手元に近いところは特に大きめの美しく咲いている花がくるようにすると、バランスよくまとまります。

STEP3 結束する

握っている、茎が交差するジョイント点を輪ゴムでしっかりと留めます。巻き始め、巻き終わりともしっかりした太めの茎に絡めてください。輪ゴムはリボンで隠せるよう、なるべく上に巻き付けましょう。
ジョイント点から10cmくらいのところで、茎を揃えて花ばさみでカットします。

麻ひもで壁に掛ける用の輪っか(二重止め結びが簡単でおすすめです)を作り、結び目がスワッグの裏側にくるように、ジョイント点にしっかりと結びます。

麻ひもが隠れるようにリボンを巻き、正面で蝶結びをします。

全体のバランスをみて形を整えて完成です。

フレッシュな状態のスターチスから徐々にドライフラワーになっていく様子が楽しめますよ。風通しの良い場所に飾ってお楽しみください。

日比谷花壇では自宅で楽しむお花をご提案しています。
ご紹介したスターチスのスワッグはキットとしてご購入いただくことも可能です。
おうちで花と楽しむお正月特集を見る

撮影 / 福井崇史さん
日比谷花壇 シニアデザイナー。フラワーデザイナーの想いや、作品の特長、特性を理解して撮れるフォトグラファーとしても社内外で活躍。

Instagramはこちら

編集 / 西巻香織