涼しげで上品な「紫陽花のピアス」の作り方

レジンを使った、涼しげな透明感がかわいい「紫陽花のピアス」の作り方をご紹介します。ゴールドのビーズを組み合わせて上品に仕上げましょう。パーツを変えてイヤリングにしてたのしむこともできますよ。

レシピ提供・撮影:パジコ
UV-LED レジン「星の雫」や樹脂粘土「モデナ」など、作り手から愛される数々の手芸素材で知られるブランド。PADICOのウェブサイト内「Recipes」ではさまざまな作品レシピを公開中。
https://www.padico.co.jp/recipes/
 

必要な材料はこちら

・UV-LED レジン 星の雫(ハードタイプ)
・UV-LED ライト
・レジン用着色剤「宝石の雫」(パールマリンブルー、偏光パールブルー、マット)
・ソフトモールド(ウサギ)
・ポンポンアタッチメント
・無穴ビーズ(1mm・ゴールド)
・ピアス金具(またはイヤリング金具)
・調色スティック
・調色パレット
・葉のチャーム(大15mm、小7mm)
・クリアファイル

着色レジンを作る

調色パレットにUV-LED レジン「星の雫」と「宝石の雫(パールマリンブルー)」を入れて、調色スティックでよく混ぜます。

着色したレジンを調色スティックでとり、「ソフトモールド(ウサギ)」の花の部分2箇所に入れます。

花のパーツを作る

UV-LEDライトを照射して硬化させます。

人肌まで冷めたら「ソフトモールド」からゆっくりと抜きます。繰り返して4個の花のパーツを作ります。

「宝石の雫(偏光パールブルー)」で、同様に花のパーツを2個作ります。

紫陽花パーツを作る

調色スティックで花の中心にレジンを少量付け、ビーズを3個乗せたら、UV-LEDライトを照射して接着します。

小さく切ったクリアファイルにレジンを少量出し、花のパーツを3個組み合わせて乗せ、UV-LEDライトを照射して接着し、紫陽花パーツにします。

葉のチャーム(大)にレジンを付け、紫陽花パーツの裏側に付けてUV-LEDライトを照射して接着します。

同様に葉のチャーム(小)も貼り付けます。

裏側全体にレジンを塗ってUV-LEDライトを照射し、補強します。

質感をマットにする

葉のチャーム(大)を持ち、花と葉のチャーム(小)全体に「宝石の雫(マット)」をポンポンアタッチメントで塗り、よく乾燥させます。

乾燥したら、花の部分を持って葉のチャーム(大)にも「宝石の雫(マット)」を塗り、よく乾燥させます。

金具パーツを付ける

裏側にレジンでピアス金具を付け、UV-LEDライトを照射して接着したら、できあがり。

マットな質感とさりげないゴールドが耳もとを上品に彩ってくれる紫陽花のピアス。アシンメトリーなデザインにしてもおしゃれですよ。ぜひ作ってみてくださいね。

UVレジンなど材料の詳細については、PADICOウェブサイトをご覧ください。

PADICOの製品情報はこちら

 
UVレジンの基本的な情報をご紹介している記事も人気です。合わせてご覧ください。

 
編集 / 西巻香織