新作おしえてvol.18「watanukiさんの新作、蜂の巣のコンパクトミラー」

この連載では、作家さんにSNSで「新作」を募集。編集部の目にとまった素敵な作品を、制作の背景と交えてご紹介していきます。第18回目にご紹介するのは、watanukiさんの新作、蜂の巣のコンパクトミラーです。

作り手は、watanukiさん

watanuki
ユニークなどうぶつなどをモチーフに、絵を描くように刺繍をほどこしたポーチやブローチを制作。
https://minne.com/@wasabi41

watanukiが生まれるまで

幼いころから絵を描くことが日常の一部だったというwatanukiさん。物心をついたころから、どうぶつなど、心の赴くままに絵を描いていたのだといいます。

watanuki
ある日、雑貨屋さんに立ち寄ったときのこと。とてもかわいい刺繍のポーチを見かけ、ふと「自分の描いたイラストが刺繍になって、ポーチやブローチになったらたのしそうだな」と思ったんです。

watanuki
手芸が得意な祖母から刺繍道具や本を一式借りて、さっそく勉強をはじめました。実はそれまで、刺繍の知識がまったく無く「刺繍って糸で塗り絵をするような感じ…?」くらいに思っていたんです。
色々と調べていくうちにステッチの種類の豊富さをはじめ、刺繍でできる表現の幅の広さにとても驚きました。

watanuki
「ここの質感を表現するには、糸を何本どりにして、どんなステッチにしよう?」「ここは鮮やかな赤にしようか、それとも少しくすんだ落ち着いた雰囲気にしようかな?」など、イラストを描くのとはまた違ったたのしみがあり、どんどんハマっていきました。

ほっこりあたたかみを感じる作品を

絵画のように美しく繊細な糸使いが特徴的なwatanukiさんの作品。特にジャンルなどにはこだわらず、自分が「いい」と思ったものをモチーフに選んでいるのだそうです。

「目標であり、いつも意識しているのは"ほっこりあたたかみを感じる作風"です」とwatanukiさん

いくつか組み合わせて使いたいオクラの手刺繍ミニブローチ

watanuki
直感でモチーフを選んでいるので、ときどきちょっぴりマニアックなテーマのものをつくってしまうときもあります(笑)。だけどそういうときに「かわいい!」「これ、好きです!」などのお声をいただけると、お客さまと心が通ったようで、いっそううれしくなってしまうんです。

虫食い部分がリアルに表現された虫食い葉っぱ(茶)の手刺繍ブローチ

watanuki
手刺繍は、ひとつの作品を生み出すのに、とにかくたくさんの時間を要します。そのため決してお手頃な価格で…とはいかないのですが、だからこそ、ひと針ひと針に気持ちを込めています。ハンドメイドならではのあたたかみを感じていただければうれしいです。

そんなwatanukiさんの新作をご紹介します。

新作は、蜂の巣のコンパクトミラー

watanuki
以前制作した「蜂の巣ポーチ」のデザインを元につくったコンパクトミラーです。
“蜂の巣”の刺繍デザインは自分でもお気に入りで、ポーチだけでなく、何か別のアイテムでも展開したいと考えていました。

制作のきっかけは、さまざまな黄色が散りばめられた刺繍と、ゴールドカラーのコンパクトミラーの相性はバッチリなのでは?と思い付いたこと。

watanuki
コンパクトミラーの制作ははじめてだったので、試作には時間をかけました。特に金属と刺繍との接着はこれまで試したことがなかったので、使用する接着剤も慎重に検討を重ねました。
図案は「蜂の巣ポーチ」をベースにしつつも、大きさ、刺繍する範囲、完成するアイテムのかたち…すべてが異なるのでいちから描き直し、やっとの思いで完成した一品です。大切に使っていただけたらうれしいです。

最後に、記事を読んでくださったみなさんに向けてメッセージをいただきました。

watanuki
minneでご購入いただけることはもちろん、レビュー、フォローやお気に入り登録、SNSで反応をいただけること、すべてが"ものづくり"へのパワーになっております。これからも応援してくださる方、見守ってくださる方への、恩返しが少しでもできるように頑張りたいと思います。

「蜂の巣のコンパクトミラー」はこちら



連載「新作おしえて」はSNS連動企画です。minne作家のみなさんは、TwitterまたはInstagramにて「#新作おしえて」「#minneとものづくりと」の2つのタグをつけ、新作画像と作品URLをつけてぜひご投稿ください。

募集の詳細を見る

文 / 堀田恵里香