ハンドメイドマーケット minne(ミンネ)

アパタイト【ダックブルー】ペンダントトップ

3,500
残り1
3
深いブルーのアパタイトのビーズをシルバーカラーのワイヤーでラッピングしました。 6枚目の写真が実物に近い色味です。 名前の由来は「惑わす、ごまかす」という意味のギリシャ語である「apate」からきています。 歯磨き粉に含まれるアパタイトとは成分的には近いですが正確には同じものではありません。 「絆を強める、つなげる」というエネルギーを持っています。 人間関係はもちろん勉強や健康に関する良い行動と結びつけるという作用をもたらします。 双子座、天秤座に関係していると言われています。 アパタイト 8mm玉 全体サイズ 56mm×19mm BENECREATのカッパーワイヤーを使用しています。 チェーンは付属しておりません。 各自ご用意ください。 包装前にホワイトセージとクリスタルチューナーで浄化いたします。
深いブルーのアパタイトのビーズをシルバーカラーのワイヤーでラッピングしました。 6枚目の写真が実物に近い色味です。 名前の由来は「惑わす、ごまかす」という意味のギリシャ語である「apate」からきています。 歯磨き粉に含まれるアパタイトとは成分的には近いですが正確には同じものではありません。 「絆を強める、つなげる」というエネルギーを持っています。 人間関係はもちろん勉強や健康に関する良い行動と結びつけるという作用をもたらします。 双子座、天秤座に関係していると言われています。 アパタイト 8mm玉 全体サイズ 56mm×19mm BENECREATのカッパーワイヤーを使用しています。 チェーンは付属しておりません。 各自ご用意ください。 包装前にホワイトセージとクリスタルチューナーで浄化いたします。

サイズ

上記参照

発送までの目安
追加説明を表示する

3

配送方法・送料

クリックポスト
198
全国一律

購入の際の注意点

お支払確認後に発送準備を致します。 単品での発送は3日~4日の発送予定としております。(土日祝日、年末年始は除く) ご注文確定後のキャンセル、商品到着後、ご使用後のお客様のご都合での返品、返金はお応えしておりませんのでご注意ください。 補償のない発送もありますので輸送中の紛失や破損の補償はいたしかねます。 天然石の色はモニター環境によって違いがございます。 また天然由来の色ムラ、クラック、にごりなどがみられる場合があります。 ワイヤーも繊細な材料ですので細心の注意を払い制作、包装、梱包をしておりますが完璧ではないことをご了承ください。 ワイヤーは金属を使用していますのでアレルギーの方はその点ご留意いただきますようお願いいたします。 切り口はできるだけ表にでないようしていますが飾り巻きなど表に出ているものもあるのでニットや直接素肌に着けるのは避けた方がよろしいかと思います。 天然石の意味や効果がない等のお問い合わせは御遠慮ください。そちらに関しての返品返金はお断りをさせていただきます
シェアする
  • 作品画像

    ほたる玉【海の蛍】ペンダントトップ

    作家・ブランドのレビュー 星5
    海の蛍を購入しました。暗いところでみるとそれはそれは綺麗に光を放っています。玉が廻るのでどの角度からも眺める事が出来てうっとりです。ワイヤーがシンプルでカッコいいです。大切にします♡
    2022年5月16日
    by うにうり
    akaganeyaさんのショップ
    akaganeyaからの返信
    レビューありがとうございます!! 末永くかわいがってあげてくださいね。
  • 作品画像

    ラリマー【イルカと遊ぶ】ペンダントトップ

    作家・ブランドのレビュー 星5
    届きました✨ 爽やかなキレイなお色のラリマーです😍白いTシャツに映えるお色なので、これからヘビロテ間違い無しです❣️ ありがとうございました✨
    2022年5月8日
    by ichigo25
    akaganeyaさんのショップ
    akaganeyaからの返信
    レビューありがとうございます。 無事お手元に届いて良かったです☺️ ラリマーの柔らかな色、模様を をお楽しみください💞
  • 作品画像

    ラブラドライト【冬から春へ】ペンダントトップ

    作家・ブランドのレビュー 星5
    本日、受け取りました✨ 1枚目のお写真より2、3枚目の感じが実物に近い感じです😊ほのかなピンクが可愛いです💕 今回もありがとうございました✨
    2022年4月19日
    by ichigo25
    akaganeyaさんのショップ
    akaganeyaからの返信
    レビューと写真のご指摘、誠にありがとうございます。 色の変化がある石の撮影は難しいですができるだけ正確に写真や文章で伝わるよう精進してまいりますね。