Enjoy minne here

七福神のメンバー勝負神の毘沙門天(びしゃもんてん)の板絵人形

もともとはインド・ヴェーダ時代から存在する古い神格でして、
インド神話のヴァイシュラヴァナを前身としていました。
インドにおいては財宝神とされ、戦闘的イメージはほとんど
なかったのです。
中央アジア、中国など日本以外の広い地域では
独尊として信仰の対象となっていたところが凄いと思います。

日本でも四天王の一尊として造像安置する場合は「多聞天」、
独尊像として造像安置する場合は「毘沙門天」と呼ぶようです。

庶民における毘沙門信仰の発祥は平安時代の鞍馬寺です。
福の神としての毘沙門天は中世を通じて恵比寿・大黒天に
ならぶ人気を誇るようになっていました。

室町時代末期には日本独自の信仰として七福神の一尊とされ、
江戸時代以降は特に勝負事に利益ありとして崇められました。

地元産の杉板をけずり、
胡粉(貝の粉)を塗りました。
一筆一筆心が込められています。
絵具はアクリル絵具です。

もっと読む
作品情報
在庫数1 点サイズ横幅:3.5㎝ 高さ:5.8cm 横幅:3.4cm
配送方法・送料
配送方法配送エリア・備考送料追加送料発送までの目安
定形(外)郵便全国一律JPY ¥140(JPY ¥0) 5日後

※[発送までの目安]は、minneでの入金確認が完了してから作品が発送されるまでの予定日数です。

お支払い方法

今すぐご利用いただけるお支払い方法

クレジットカード
キャリア決済
Apple Pay※MasterCard・JCB・AMEXがご利用いただけます
Google Pay※VISA・MasterCard・JCB・AMEXがご利用いただけます

ログインするとご利用いただけるお支払い方法

後払い決済GMO後払い
コンビニ払い
ゆうちょ振替
銀行振込

特にありません。
木製品で、彩色後に仕上げの
水性ニスを塗っています。
数十年先まで安定して
形をとどめると思われます。

価格:JPY ¥1,000残り1点
で購入

お買い物の前に必ずterms of minne customerをご確認ください。

アルパカ木工


アルパカ海鳴

板絵人形作家

アルパカ海鳴


神奈川県藤野産杉に貝の粉を幾重にも塗り重ねます。5センチぐらいの小さな人形。心を和ませる素朴さがウケています。

パスワードを忘れた方はclick here