半径300mの景色をデザイン。「雪のないさっぽろの冬」ポンチョ。カーキ色で登場。

オリジナルデザインの生地で洋服を作っています。
札幌在住のクロッシェピコットです。どうぞよろしくお願いいたします。

家から半径300mの範囲内で感じた季節の移り変わりを日々、画用紙に描いています。
暑い日も寒い日も、雨が降っても雪が降っても、毎朝の犬の散歩で感じる札幌の空気を生地にデザインしています。

crochetpicotオリジナルのテキスタイル「雪のないさっぽろの冬」を裾に飾ったポンチョワンピースを紹介します。

落ち着いた印象のワンピースに仕上がりました。ホッとするナチュラル感が漂っています。

雪の少ないさっぽろ。個人的には今年の冬、暮らすにはとっても楽(申し訳ない)。雪かきなんて2回くらいしかしていませんし。道路に雪山がないので、車の運転もしやすいですし。

今回描いた「雪のないさっぽろの冬」。
のほほんとあったかい感じに仕上がったのは、冬に向かって緊張していた体が「む?もしやこんなに緊張しなくてもいいのかね?」とほぐれたからかなーなんて思っています。

今後、札幌の冬がどのようになっていくのか分かりませんが、どうでしょう。こんなに過ごしやすい冬は最後にしてもらった方がいいのかな。冬の札幌から雪がなくなったら寂しいですな。

ですので、雪のないさっぽろの冬は2020年だけにしてもらって。
来シーズンの冬のデザインは、雪がわさわさ積もっている絵になりますように。

こんな冬もあったよなーと
この生地を見て思い出す 記念のデザインになったりしてね。

パスワードを忘れた方はclick here