牛革 ダークグリーン ツールバッグ ショルダーバッグ

19世紀前半、フランス、ヨーロッパ地方で農民・羊飼いなど
日常品を手軽に持ち運ぶ為、この様なシンプルなバッグが使用されておりました。

ファスナーは60年代のレザージャケットなどで見受けられる玉付ファスナーを使用。
牛スタンプはフランス蚤の市で見つけたアンティークスタンプです。

今回はダークグリーン色の牛革を使用。

高級感があるオイルレザーです。
使って頂けますと革の成長をダイレクトに感じる事が出来ます。

オイルレザーは、タンニンなめしを施す際にオイルを染み込ませて革をよりしなやかにし、
耐久性を増した革の事です。

オイルを染み込ませているので、しっとりとした触り心地に艶やかな上品な光沢があります。
使い込むにつれ、浸透したオイルが徐々に溶け出し、艶がでてきます。

新品の時より素晴らしい状態になっていき「革を育てる」という楽しみを味わうことができる革です。
エイジング(経年変化)レザーとしても人気で、オイルを浸み込ませる方法は各タンナー(革の作り手)ごとにそれぞれですが、
手間暇が更に掛かるために、一般的な革やヌメ革より高価となります。

ログイン