ハンドメイドマーケット minne(ミンネ)
  • カート

【特集掲載】《奄美藍染》菊 (2way コサージュ・ヘアクリップ)

118
【注意】こちらのページでは販売しません。展示用です。 ▼再販はこちらから 《奄美藍染》菊 (2way コサージュ・ヘアクリップ) https://minne.com/items/33012662 ------ 《奄美藍染研究所 × Soelu. ソエル》 「minneとものづくりと」の企画(https://mag.minne.com/)から生まれた作品です。 本作品は「奄美藍染研究会」が天然藍による手染めをしています。 ▼藍染文化の復活を目指して。奄美大島の希少な天然藍で生まれた作品たち https://minne.com/mag/articles/2601 菊は、実際に奄美大島の方が使ってくださるところをイメージし、 華やかさはあるけど華美すぎない、かつ伝統の和の雰囲気のある菊を選びました。 こちらのパーツもすべて奄美藍染で手染めしていただいた生地を使用しています。 同じ色の同じ生地(木綿)でどれくらい華やかにできるかということに気を配りながら制作しました。 何枚もの花びらを重ねるので生地をたくさん使用し、とても贅沢な作品になりました。 ブローチ金具にクリップがついているので 胸元にコサージュにしてみたり、ヘアアクセサリーにしてみたりと2wayでお楽しみいただます。 こちらは1点のみの限定作品となります。 ------ ▼奄美藍染研究会様のサイト https://amamiai.com/ ■奄美藍染研究会とは? 奄美大島群島の一つ加計呂麻島(かけろまじま)の西阿室集落において、ハンドメイド作家、農 家など住民有志4名で令和元年に設立。かつて加計呂麻島内で自生していた琉球藍に ついて聞き取り調査やフィールドワーク、奄美藍染の歴史文化、栽培方法、泥藍製造などに 文献調査を始め、奄美藍文化の復活を目指して取り組んでいます。 現在は、藍畑作りを開始、泥藍製造や藍建て技法・染色技法を研究・実践、藍布を活用した 試作品の制作、藍染工房施設(加計呂麻島内)の立ち上げに取り組んでます。 ■奄美藍とは? ・奄美の藍染は100年以上の歴史が確認されています。 ・現在は奄美で栽培・泥藍製造を行う方は居ません。(当方調べ) ・奄美の藍の原料である琉球藍は、本州など使用される藍の品種「タデ科」とは異なる 「キツネノマゴ科」の植物です。 ・その特徴は、タデ藍と比べ、インディゴ成分の含有量が多いため、発色は濃くなることです。 ・防虫・防臭・殺菌効果などが高いといわれています。 ------ 【特集掲載】《奄美藍染》布花フリルすずらん (ピアス・イヤリング) https://minne.com/items/30458346 【特集掲載】《奄美藍染》布花アネモネ (ピアス・イヤリング) https://minne.com/items/30692227 ◎お届け 作品の保管にも便利な「張り箱」にお入れし、簡単にラッピングをしてお届けいたします。 配送は定形外郵便を予定しています。もし他に希望があるかたはお知らせください。 ◎サイズ:花:直径 約8.5cm 全体:約11cm×約8.5cm ◎素材 木綿 《注意事項》 ※自然染料で手染めの為、色落ち・色調の変化の可能性がありますのでご了承下さい。 ※藍染めはスレに弱い性質上、白い衣類との同時使用はお控え下さい。
【注意】こちらのページでは販売しません。展示用です。 ▼再販はこちらから 《奄美藍染》菊 (2way コサージュ・ヘアクリップ) https://minne.com/items/33012662 ------ 《奄美藍染研究所 × Soelu. ソエル》 「minneとものづくりと」の企画(https://mag.minne.com/)から生まれた作品です。 本作品は「奄美藍染研究会」が天然藍による手染めをしています。 ▼藍染文化の復活を目指して。奄美大島の希少な天然藍で生まれた作品たち https://minne.com/mag/articles/2601 菊は、実際に奄美大島の方が使ってくださるところをイメージし、 華やかさはあるけど華美すぎない、かつ伝統の和の雰囲気のある菊を選びました。 こちらのパーツもすべて奄美藍染で手染めしていただいた生地を使用しています。 同じ色の同じ生地(木綿)でどれくらい華やかにできるかということに気を配りながら制作しました。 何枚もの花びらを重ねるので生地をたくさん使用し、とても贅沢な作品になりました。 ブローチ金具にクリップがついているので 胸元にコサージュにしてみたり、ヘアアクセサリーにしてみたりと2wayでお楽しみいただます。 こちらは1点のみの限定作品となります。 ------ ▼奄美藍染研究会様のサイト https://amamiai.com/ ■奄美藍染研究会とは? 奄美大島群島の一つ加計呂麻島(かけろまじま)の西阿室集落において、ハンドメイド作家、農 家など住民有志4名で令和元年に設立。かつて加計呂麻島内で自生していた琉球藍に ついて聞き取り調査やフィールドワーク、奄美藍染の歴史文化、栽培方法、泥藍製造などに 文献調査を始め、奄美藍文化の復活を目指して取り組んでいます。 現在は、藍畑作りを開始、泥藍製造や藍建て技法・染色技法を研究・実践、藍布を活用した 試作品の制作、藍染工房施設(加計呂麻島内)の立ち上げに取り組んでます。 ■奄美藍とは? ・奄美の藍染は100年以上の歴史が確認されています。 ・現在は奄美で栽培・泥藍製造を行う方は居ません。(当方調べ) ・奄美の藍の原料である琉球藍は、本州など使用される藍の品種「タデ科」とは異なる 「キツネノマゴ科」の植物です。 ・その特徴は、タデ藍と比べ、インディゴ成分の含有量が多いため、発色は濃くなることです。 ・防虫・防臭・殺菌効果などが高いといわれています。 ------ 【特集掲載】《奄美藍染》布花フリルすずらん (ピアス・イヤリング) https://minne.com/items/30458346 【特集掲載】《奄美藍染》布花アネモネ (ピアス・イヤリング) https://minne.com/items/30692227 ◎お届け 作品の保管にも便利な「張り箱」にお入れし、簡単にラッピングをしてお届けいたします。 配送は定形外郵便を予定しています。もし他に希望があるかたはお知らせください。 ◎サイズ:花:直径 約8.5cm 全体:約11cm×約8.5cm ◎素材 木綿 《注意事項》 ※自然染料で手染めの為、色落ち・色調の変化の可能性がありますのでご了承下さい。 ※藍染めはスレに弱い性質上、白い衣類との同時使用はお控え下さい。
通報
  • 作品画像

    【人気】[布花]アネモネ ◎white(ピアス・イヤリング)

    作家・ブランドのレビュー 星5
    届きました。可憐でかわいいです。
    2022年9月7日
    by shibakaz
    Soelu. ソエルさんのショップ
    Soelu. ソエルからの返信
    レビューありがとうございます。 うれしいお言葉励みになります✨ この度はご利用いただきありがとうございました😊
  • 作品画像

    《奄美藍染》布花フリルすずらん (ピアス・イヤリング)

    作家・ブランドのレビュー 星5
    レビューが遅くなりすみません…前回販売された時に気になっていたのですが、悩んでいる間に売り切れてしまったので、今回は即決しました!写真で見た時から素敵だと思っていましたが、実際に手元に届いたものを見て、藍染らしい深い色に惚れ惚れしてしまいました。これから大切に身につけたいと思います!おまけの四葉のクローバーもありがとうございました!
    2022年8月8日
    by arabiki
  • 作品画像

    《奄美藍染》布花アネモネ (ピアス・イヤリング)

    作家・ブランドのレビュー 星5
    届きました。 可愛いです!大切に長く愛用させて頂きます。 ありがとうございました(^^)
    2022年7月29日
    by sayo731y
    Soelu. ソエルさんのショップ
    Soelu. ソエルからの返信
    レビューありがとうございます。 可愛いと言って頂けて安心しました。こちらこそありがとうございました✨💖
レビューをすべて見る