フュージング用ガラスのメーカーとガラスの形状

ブルズアイ・・・色数やガラスの形状が豊富なアメリカのメーカー。膨張係数90。
私が使っているガラスはこちらになります。同じ膨張係数のものを使わないとガラスが割れてしまいます。職人さんの技で一枚ずつ手作りされています。圧巻の作業です!会社はアメリカ・ポートランドにあります。

モレッティ・・・イタリア・ムラーノ島にあるメーカー。ミルフィオリが豊富。膨張係数104。ミルフィオリはとっても可愛い小さなお花のようなガラスパーツです。

スペクトラム・システム96・・・ウロボロス社と提携し、ラインナップが充実しました。元々はアメリカでしたが廃業し、メキシコに移店、2017年に再営業しています。膨張係数96。

ウロボロス・システム96・・・スペクトラム社と提携したシリーズなので、合わせて焼成が可能。廃業しています。膨張係数96。
 板ガラス・・・3mm厚が基本。メーカーや色によって1.6mmや4mm、6mmの厚板もあります。メーカーの製法により厚みにムラや、表面に凹凸がある場合もあります。自然と3mmのものが増えてしまいます。カットした残りの端材や小さなかけらなどもアクセサリー作りなどに活用出来ますので、全て保管しています。

フリット・・・粒状のガラス。粒の大きさによって2~3段階に分かれています。

ストリンガー・・・細い棒状のガラス。

パスワードを忘れた方はclick here