ガラスフュージングとは

自宅でガラスフュージングのアクセサリーやお皿を制作しています。

ガラスフュージングとは、板ガラスを電気炉という炉で溶かし、様々にデザインした作品を作る事ができるガラス工芸の一つです。
工芸の歴史としてはまだ浅く、1960年代から盛んになってきたジャンルで、工夫次第で様々なものを造形できます。
オリジナルのネックレスや、食卓を飾るお皿や可愛いマドラーなど、作ったものをご自分で使ったり、大切な方へプレゼントしたり♪
自分の思い描いたものが形になるのは、本当に楽しく、ガラスの透明感、輝きは眺めていると心が癒やされます。

日々の中で学んだ事や、失敗した事、感じた事などをこちらに記録し、ガラスの魅力が伝えられたらと思います。

パスワードを忘れた方はclick here